肌断食は石けんで洗顔しないとダメ?石けん以外におすすめの洗顔料とは?

今まで当たり前のようにしていたスキンケアやメイクをいっさいやめてしまうのが「肌断食」。

でも、皮脂汚れなどを落とすために洗顔はしなければなりません。

肌断食って石けんで洗顔がおすすめされてるよね。

うんうん。確かに。

肌断食中は石けんで洗顔が確かにおすすめなのですが、必ずしも石けんを使う必要はありません。

今回は、肌断食中におすすめの石けんの種類やそのほかのおすすめの洗顔料について紹介していきます。

また、洗顔方法も合わせて解説していくので、肌断食を考えている人はチェックしてみてくださいね♪

肌断食中の洗顔に石けんがいいと言われる理由


肌断食中は普通の洗顔料よりも、石けんを使うのがおすすめだと言われていることには理由があります。

肌断食は添加物や余分な化学物質をできるだけ使わない事で肌の負担を減らし、肌本来の働きを取り戻すために行います。

そんな肌断食中に界面活性剤や添加物を多く含んだ洗顔料を使用してしまうと肌に負担になり余計に肌を刺激してしまいます。

特に界面活性剤は、汚れをよく落としてくれる反面、肌に必要な皮脂や油を落とし過ぎてしまい、乾燥の原因にもなります。

しかし、石けんには界面活性剤や添加物が含まれておらず、肌への刺激も少ないので肌断食中に使っても、肌荒れや乾燥など肌トラブルを起こしにくいのでおすすめされているんです。



肌断食中におすすめの石けんの種類


洗顔に使える石けんと言っても、様々な種類があります。

石鹸の種類によっては香料が多く入っていたり、普通の洗顔料と同じく界面活性剤や添加物を多く含むものもあります。

おすすめの石けんは、「純石けん」と「無添加石けん」です。

また、肌の特徴によってもおすすめの石けんが違うので、それぞれ特徴をご紹介します。

純石けん

肌断食中に使う石けんとしてよくおすすめされているのが純石けんですが、どんなものを純石けんと呼ぶか知っていますか?

純石鹸とは、成分表に「石けん素地100%」もしくは「カリ石けん素地」と表示されている石けんのことです。

石けんを製造するときに使用する油は、通常石油系の化学物質を使うことがほとんどですが、純石けんは動植物系の油を使って製造します。

より肌に負担にならない天然の材料を使っているので、肌に刺激になりにくく肌断食中におすすめです。

純石けんは洗浄力がとても強いので、皮脂の分泌量が多くテカリやすい肌の人におすすめです。

皮脂や汚れなどをしっかりと落としてくれるので、毛穴の黒ずみの原因を防ぐことができます。

しかし、洗浄力が強い分、肌が乾燥しやすくなるので、乾燥肌や敏感肌の人にはあまりおすすめではありません。

無添加石けん

勘違いしている人が多いのが、純石けんと無添加石けんの違いです。

同じように化学物質を使わず肌への刺激も弱いので、同じものだと勘違いされがちですが、実は全然違うものなのです。

無添加石けんとは、酸化防止剤・着色料・香料・界面活性剤を使わず、昔ながらの製法で作られた石けんのことです。

製造するときに使われる、油脂に含まれている保湿成分が残っていることで、洗い上がりがしっとりとしてつっぱらないのが特徴です。

肌への刺激も少なく、洗い上がりにしっとり感が残るので、乾燥肌や敏感肌の人におすすめです。

肌断食中の石けんを使った洗顔方法


肌断食中に限らず、普段から洗顔を適当に終わらせていませんか?

疲れていたりする時に洗顔をしっかりするのって意外とめんどくさいので、ついつい手を抜いてしまいますよね。

しかし、洗顔は1日の汚れをしっかりと落として、肌をリセットするためにとても大切なことです。

正しい方法で洗顔をすれば、肌の汚れをしっかり落せて、ファンデーションなど塗らなくてもトーンアップしてくれるので、美肌につながります!

初めに軽く顔をすすぐ

いきなり石けんをつけるのではなく、まずは軽く顔をすすぎます。

そうすることで、ホコリなどの大きい汚れが落ち、石けんをつけた時に肌と石けんが馴染みやすくなり、よりしっかりと汚れを落とすことができます。

また、この時に大切なのが水温です。33度前後の体温と同じくらいのぬるま湯ですすぐことがポイントです。

水温が高すぎても低すぎても肌への刺激になるので、体温と同じくらいの水温ですすいで下さい。

石けんを泡立て洗う

石けんはしっかりと泡だてないと、本来の洗浄力を発揮できません。

なので、ふわふわの泡になるまでしっかりと泡だててから洗うようにして下さい。

洗うときのポイントは、肌を擦らないようにすることです。

手でゴシゴシ洗ってしまうと肌を傷つけてしまうので、手と顔の間に泡を挟む感じで、優しくクルクルと洗うようにするのがおすすめです。

水でよくすすぎタオルで水分を押さえる

最後は、泡が残らないようにしっかりとすすぎます。

泡が肌に残っていると、石けんの成分が毛穴に詰まって、肌荒れや毛穴の黒ずみの原因になります。

始めにすすいだ時と同じく、体温と同じくらいのぬるま湯で洗い残りがないようにしっかりとすすいで下さい。

また、タオルで拭く時も、こすらず肌を刺激しないように優しく拭いて下さい。

石けん洗顔をするときのポイントを紹介


同じように洗顔をしていても、肌が乾燥したり荒れてしまったりすることってありますよね。

そんなときは、洗顔時に少しだけ気をつけることで、ほとんど<が改善されます! 洗顔時のポイントをまとめたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

すすぐお水の温度は33度くらい

洗顔時は必ず水ですすぎますよね。その水の温度って気にしたことありますか?

夏は冷たい水が気持ち良かったり、冬は暖かい水が良かったりと、適当な温度で洗っていませんか?

冷たすぎたり熱すぎたりする水は、肌への負担も大きいので、体温と同じくらいの33度前後の水ですすぐのがおすすめです。

洗顔時間は1分ほどを目安に!

洗顔時間は短すぎても汚れが落ちきらず、長すぎても肌への負担が大きくなったりするのでとても大切です。

そこで、ベストな洗顔時間は1分です。

全体に泡をなじませて、パーツごとにクルクルと洗うとちょうど1分くらいになります。丁寧に洗おうと思って洗顔すると、洗いすぎてしまうこともあるので気をつけて下さい。

石けん洗顔は肌の調子を見ながら

肌に負担になりにくい石けん洗顔ですが、乾燥がひどい時などは石けんの使用をやめて水のみで洗顔するなどして下さい。

特に、スキンケアをしない肌断食中は、肌が乾燥しやすくなっているので、肌の調子に合わせて洗顔することが大切です。

石けん洗顔を使う時の注意点


肌への負担が少ない石けん洗顔ですが、敏感肌や乾燥肌の人は注意が必要です。

洗い方や石けんが肌にあっているのか、様子を見ながら洗顔するようにして下さい。

肌のツッパリ感は洗顔後30分の様子を見よう

石けんを使用したことによる肌のツッパリ感がないかなど、洗顔後30分は肌の様子を見るようにしましょう。

その間にツッパリ感が出てきたり、極度に乾燥するようならば、洗い方や石けんを変えて自分に合った石けん洗顔をするようにして下さい。

乾燥肌の人はしっかり保湿しよう

肌断食中でも、乾燥肌の人は洗顔後保湿をするようにして下さい。

通常のスキンケアではなく、ワセリンを使った保湿方法だと肌断食中も、肌への負担も少なく保湿できるのでおすすめです。

肌の調子が悪くなったら石けんの種類を変えよう

洗顔後30分ほど様子を見て、極度に肌が乾燥したり肌荒れが出たりするようなら、石けんの種類を変えてみるのがおすすめです。

純石けんや無添加石けんなど種類は同じでも、石けんによって合う合わないがあるので、違和感があれば他の石けんを試してみましょう。

しかし、いろんな石けんを試しても肌に合わないようならば、石けんの使用をやめて水のみで洗顔するように下さい。

肌断食中の洗顔は石けん以外も使用できる


肌断食中の洗顔は石けんだけしか使えないという訳ではありません。

石けんは洗浄力が強いものがあるので、人によっては皮脂を取りすぎてしまって肌荒れが進む場合があります。

そのため、石けんを使うのが大変な時は肌断食中でも、普通の洗顔料を使っても問題ありません。

そこで、肌断食中にも使える洗顔料を選ぶポイントやおすすめの洗顔料などをご紹介します。

肌の負担にならない洗顔料もおすすめ

普通の洗顔料でも、肌への負担にならない無添加の洗顔料がたくさん出ています。

乾燥肌や敏感肌の人は特に石けんよりも無添加洗顔の方がおすすめですよ。

ただし、余計な成分が入っている洗顔料ではなく、無添加で限りなく肌に優しいものを選ぶようにしましょう。

肌断食中におすすめ!「美塩(うつくしお)」洗顔料

肌断食中におすすめの洗顔料が「美塩」の洗顔料です。

美塩の洗顔料は美容ソルトを使用していることで、毛穴の汚れもしっかり落とすことができ、洗い上がりがツルツルになります。

汚れがしっかりと落とせた毛穴から適度な油分が分泌されることで、スキンケアや保湿をしなくても自然に肌がうるおいます。

そのため、肌本来の機能や潤いを取り戻すためにスキンケアをしない肌断食中の洗顔におすすめです。

まとめ

今まで過剰に使いすぎていた化粧品を使わないことで、肌をリセットして肌本来の潤いや輝きを取り戻すために行う肌断食ですが、洗顔方法をおろそかにすると台なしになってしまいます。

洗い方や使用する石けんで、今までの肌の悩みが解決することもあるので、ぜひ参考にしてみて下さい!

また、肌断食をしない人も洗顔はとっても大切です。

しっかりと石けんを泡立てたりと、疲れている時などは特に大変かもしれませんが、少し気をつけるだけで肌の調子が良くなるので、ぜひ試してみて下さい。