紫外線対策は春からスタートするのが大切!日焼け止めの使い方のコツとは?

くすみがなく、透明感のある肌を目指す人にとって、避けたいのが「日焼け」。

紫外線は、乾燥やゴワつき、シミ、シワをつくる原因となり、美肌の大敵とされています。

「夏のUVケアには気をつかっている!」という人も多いでしょう。

でも、実は、紫外線対策は夏が始まる前、春から始めた方が断然、効果的なんです!

この記事では、春からの紫外線対策をおすすめする理由と、対策のポイントをご紹介します。

それでは、早速見ていきましょう。

紫外線は3月から増え始めるって本当?

紫外線が多い時期というと、ジリジリと太陽に照らされることから、夏をイメージする人が多いのではないでしょうか。

実は、紫外線は夏よりも早く、3月から増え始めると言われています。

気象庁では、紫外線を観測し、その結果を月ごとの平均値でまとめたデータを公表しています。(https://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/uvimax_monthave_tsu.html)

これは「UVインデックス(UV指数)」と呼ばれ、紫外線の強さを指標化したものです。

この数値が高いほど、紫外線が強く、人体に与える影響も大きいことを示しています。

UVインデックスの数値が3以上の場合「中程度の」、6以上が「強い」、8以上が「非常に強い」紫外線だと言われていますが、気象庁のデータを見てみると、ほぼ毎年、3月に入ると数値が3以上になっていることが分かります。

このことからも、紫外線が強くなる3月頃からUV対策を行った方が良いと言えるでしょう。

紫外線は肌トラブルや老化の原因に!

紫外線には、UV-AとUV-Bという2つの種類があるのを知っていますか?

UV-Aは肌の表皮を通り、真皮にまで到達する紫外線です。

色素沈着を引き起こし、肌を黒くするだけでなく、シミ、そばかすの原因にもなります。

また、肌のハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチンを破壊するため、シワやたるみなど肌の老化を招く怖い紫外線です。

もう一つのUV-Bは、肌の表面に影響を与える紫外線です。

日焼けによって、肌が炎症を起こし赤くなるのはUV-Bの働きによるもの。

また、肌の奥に届かないとは言っても、乾燥やシミ、そばかすを引き起こす原因になってしまいます。

美肌を保つためには、この2つの紫外線両方に対し、対策をとることが必要と言えるでしょう。

春から始める紫外線対策の3つのポイント

では、春からの紫外線対策を始めるとき、実際にどんな対策をとれば良いのでしょうか。

薬局やデパートではUVケアのアイテムが多く販売されていて、どれを選べば良いか分からないという人もいるでしょう。

ここでは、主に、日焼け止めの選び方や使い方のポイントについてご紹介します。

一日の過ごし方によって日焼け止めを使い分けよう

学校や仕事など普段通りの生活をする日と、1日中外に出てスポーツやレジャーを楽しむ日。

日焼け止めは同じものを使った方が良いのでしょうか。

結論を言うと、日常使いには、レジャー用のような強力な日焼止めを使う必要はありません。

日焼け止めを選ぶときにチェックしたいのが、SPFの数値です。

SPFとは、Sun Protection Factorの略で、紫外線を防ぐ効果を表した数値で、数値が大きいほど高い日焼け止め効果があります。

日焼止めを使うときには、1日の過ごし方によって、SPFの異なる日焼け止めを使い分けるのがおすすめです。

例えば、ずっと室内で仕事をするときはSPF20程度、買い物で一日外出するときはSPF30程度、屋外レジャーをするときはSPF50+・・・など、シチュエーションに合った日焼け止めを選ぶようにしましょう。

春は肌が敏感になる季節!紫外線吸収剤にも注意

春は、まだ肌寒い日があったり、ポカポカ陽気の日があったりと、気候が不安定な分、お肌のコンディションもゆらぎ、荒れる人が多い季節です。

通常、日焼止めには紫外線吸収剤という成分が含まれていますが、お肌が敏感な人は、紫外線吸収剤不使用の日焼止めを選ぶのがおすすめです。

文字通り、紫外線を吸収してくれ、お肌に与える紫外線の影響を少なくしてくれる成分ですが、お肌が敏感な人はこの成分によって肌荒れを起こしてしまうことがあります。

肌コンディションに不安がある人は、極力、紫外線吸収剤不使用の日焼止めを選ぶようにしましょう。

曇りの日や室内にいる日も塗ろう

晴れた日はきちんと日焼止めを塗る人も、曇りの日は塗らないという人も多いのではないでしょうか。

また、1日室内で過ごす日は、日焼止めを省いてしまっている人もいることでしょう。

しかし、紫外線は、曇りの日でも肌に到達しています。

場合によっては、快晴のときよりも紫外線量が多くなることも。

また、紫外線は窓を通過するため、室内にいる場合でも紫外線を浴びることになってしまいます。

天候や室内・屋外のどちらで過ごすに関わらず、日焼止めは毎日塗るようにしましょう。

まとめ

これからの季節に気になる紫外線対策について、春からのスタートをおすすめする理由と、対策方法のポイントについてご紹介しました。

美肌を保つには、日々の積み重ねが大切です。

記事を参考に紫外線対策をして、きれいなお肌をキープしてくださいね!