すそわきがとは?自分でできる対策と治療法を紹介

デリケートゾーンのニオイで悩みを抱えている人は少なくありません。

特に、ワキガと同じアポクリン腺により発するニオイは「すそわきが」といって、女性に多く見られます。

今回はこのすそわきがの対策と治療法をご紹介していきます。

「すそわきが」ってなに?


「ワキガ」は聞いたことがあると思いますが、ワキガの原因となるアポクリン腺はデリケートゾーンにも存在します。

デリケートゾーンから発するニオイは医学的には「外陰部臭症」と呼ばれ、通称「すそわきが」と呼ばれています。

人間には「エクリン腺」と「アポクリン腺」という2つの汗腺があります。全身から出る汗でサラサラしているのは「エクリン腺」からでる汗です。水分と塩分からできており、ほとんど無臭です。

一方でワキガなど独特のニオイとして知られているのは「アポクリン腺」から出る汗です。

アポクリン腺は毛穴から出た分泌物と細菌が混ざりあって嫌なニオイの物質を作るのですが、わきの下にだけではなく、デリケートゾーンや乳輪、耳の中にも多く分布されています。

★★ すそわきがの治療も可能!ガーデンクリニック ★★

すそわきがの特徴


アポクリン腺は、全身から汗の出るエクリン腺と違って、わきの下やデリケートゾーン、乳輪などの部分的なところから分泌されています。

アポクリン腺は誰の体にも存在しますが、アポクリン腺の数は人それぞれで多ければ多いほどいほどニオイが強くなる傾向があります。

ワキガだけ、などどこか1か所が強いニオイを発生する人もいれば、すそわきがも発生しているなど複数箇所同時に臭う人もいます。

ではすそわきがにはどんな特徴があるのでしょうか。詳しくみていきます。

ワキガがある人にでやすい

アポクリン腺は、わきの下や陰部、乳輪などに多くあります。

1か所だけ臭う人もいますが、同時に複数箇所のニオイを発する人もいますので、体質的にワキガがある人は「すそわきが」にもなりやすいと言われています。

男性よりも女性に多い

ワキガは男性よりも女性に多くみられます。アポクリン汗腺の活動は、ホルモンの変化によっても変わりやすく、生理中や性行為の後にデリケートゾーンのニオイが強くなることがあります。

また、アポクリン腺は乳輪にもあるので、成長期や出産後、更年期に乳輪のニオイがきつくなる場合もあります。

体毛が濃い人にでやすい

アポクリン腺の出口は毛根にあります。

そのため体毛が多く太い人にすそわきがが多い傾向があります。

男性は発毛が多いので、胸毛や腹部の周りからニオイが出る場合があります。

すそわきがの原因


すそわきがは、デリケートゾーンからワキガのようなニオイを発する症状をいいますが、アポクリン腺が大きく関係しています。

汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」があるとお伝えしましたが、エクリン腺はサラサラの汗で、水分と塩分でできていてほぼ無臭です。

対照的にアポクリン腺は脂肪分やアンモニアが含まれていて、皮脂腺から出た分泌物と混ざり合い、べたつきやニオイを発生させます。

アポクリン腺はわきの下やデリケートゾーン、乳輪、耳の中、へそのあたりにも多く、それぞれから分泌物がでます。

デリケートゾーンからニオイが強く出る人には、以下のような原因があります。

アポクリン腺の数が多い人

アポクリン腺の数が多い人ほど、ニオイが強くなります。

量の多さは遺伝や体質によります。遺伝の場合、幼いころからアポクリン腺が多いということはなく、成長ホルモンの分泌と同時にアポクリン汗腺も活性してきますので、小学校高学年になると発生してくる人もいます。

出産によるもの

出産後にすそわきがのニオイが強くなる人もいます。

出産後は太りやすくなった、肌荒れがひどくなった、髪の毛が抜けやすくなったなど、人によって体質が変わることがありますが、このような変化のひとつに「すそわきがのニオイが強くなった」という人もいます。

出産の場合は、すそわきがだけでなく、乳輪ワキガになる人もいます。

ただ、出産が原因の場合は授乳期を過ぎると次第にニオイも消えていくと考えられています。

ストレスによるもの

ストレスはあまり関係のないように思えますが、ストレスによるアドレナリン放出によってアポクリン汗腺の分泌を促すことがあります。

またホルモンバランスの乱れからニオイを強めることもあります。

さらに精神的・肉体的ストレスで血行が悪くなると、皮脂腺の脂が酸化して加齢臭のようなニオイもでてきます。

食生活にも原因がある

肉などの動物性タンパク質や脂肪分の多い食べ物はアポクリン汗腺を活発にします。

肉ばかり食べるなど偏った食生活も皮脂を出やすくさせますので、ニオイのもとになります。

アポクリン腺が多いことの原因に、遺伝による先天的要因がありますが、後天的要因では食生活がかなり関係してきます。

すそわきがなどニオイが気になっている人は、特に食生活に注意し、野菜をしっかりとり、肉よりも魚介類中心にしてバランスの良い食事を心がけましょう。

★★ すそわきがの治療も可能!ガーデンクリニック ★★

それはすそわきがかも?チェックする方法


デリケートゾーンは、体調の変化によってさまざまな症状がでる場所です。

生理や更年期障害、性行為などの原因でもニオイが出ることはあります。

ニオイは気になるけど、すそわきがかどうかをどうやって見分ければいいのか、という人もいると思いますので、以下の項目でチェックしてみましょう。

下着に黄色いシミがある

汗をかいた時、アポクリン腺によりTシャツなどに汗ジミが黄色くつくようであればワキガの可能性がありますが、同じようにショーツでも黄色く汗ジミがつくようであればすそわきがの可能性があります。

女性の場合は、下着だけ黄色くシミがつく場合はおりものが原因の場合ありますので、ニオイを嗅いでチェックしてみましょう。

また、心配であれば婦人科で診察してもらうことをおすすめします。

身内にワキガの人がいる

アポクリン腺が多いかどうかは遺伝によっても左右されるため、家族がワキガだと遺伝する可能性があります。

両親のどちらかがワキガの場合は1/2の確率で、両親ともワキガであれば3/4の確率で遺伝します。

パートナーから指摘されたことがある

パートナーからデリケートゾーンのニオイを指摘された場合、アポクリン腺が多い可能性があります。

特に性行為の時には、アポクリン腺から出るニオイが強くなる傾向があるのでパートナーが気づくことが多いでしょう。

乳首からもにおいがする

アポクリン腺は、わきの下から分泌されていますが、ほかにはおへそ回りや乳首周辺にも集まっています。

乳首のニオイがワキガのように臭う場合は、デリケートゾーンも同じように臭っている可能性があります。

毛が濃い人

先にも紹介しましたが、体毛が濃くて太い人は、すそわきがになりやすいです。

毛が多い人はアポクリン腺が多く分布していることも考えられ、すそわきがになる可能性もあります。

すそわきがは治る?治療法や対策


すそわきがの特徴や原因はわかりました。ではどのように治療したら良いのでしょうか。

ワキガ治療の場合は、アポクリン腺を取り除く外科的な治療やボトックス注射がありますが、すそわきがの場合はデリケートな場所だけにあまり切開手術をするのは主流ではありません。

ではどんな治療法があるのか、またすそわきがのニオイを発生させない対策などをまとめてみました。

デリケートゾーンは清潔に保つ

デリケートゾーンには専用の石けんがあります。

しっかり泡立てて優しく洗いましょう。ただし、きつく擦りすぎたり、膣の中を洗いすぎると膣を保護している善玉菌まで洗い流してしまい、かえってニオイがきつくなることもありますので注意しましょう。

ナプキンやおりものシートなどを使用する場合は、こまめに替えて清潔に保ちましょう。

脱毛もにおい軽減効果がある

デリケートゾーンを脱毛することも、ニオイの軽減効果になります。

アポクリン腺は毛根から多く出ていますので、脱毛することでニオイを押さえることはできます。

ただし、脱毛をしたからといって根本的な解決にはなりません。

美容外科や美容皮膚科で治療する

デリケートゾーン専用の石鹸を使用したり、脱毛なども試したけれど、どうしてもニオイが気になるという人は、美容外科や美容皮膚科に相談してみましょう。

ボトックス注射や切らないレーザー治療や手術による治療方法があり、程度によって治療方法が選択できます。

ただし、切開などの手術の場合はリスクも伴いますので、しっかりカウンセリングしてから決めましょう。

すそわきがの治療には複数の治療方法があります。以下を参考にしてみてください。クリニックによって料金に違いがありますのでご注意ください。

治療方法 治療概要 料金の目安
ボトックス注射 ・ボツリヌス菌から抽出されたタンパク質の一種を注入し、ニオイを押さえる

・治療時間は5分~10分。

・処置直後から通常通りに過ごせる

・1回の施術で3~4か月効果が継続

軽度1回39,000円~

140,000円

レーザー治療 傷を残さず、熱破壊します。

・施術時間は1時間程度

・ダウンタイムが2~3日

・破壊した汗腺はほぼ再生することがなく長期的な効果が期待できる

1回220,000円~250,000円
シェービング法による手術 ・ニオイが軽度~中度の人におすすめ

・シェービング機や吸引機でアポクリン腺を取り除く

・施術時間は40分

・1年以上の持続性があります

1回190,000円
根こそぎ外科手術 ・1㎝程度の傷から吸引管を挿入し、アポクリン汗腺に直接照射する。溶けたアポクリン腺を吸引管で体外に出す

・施術時間は40分

・半永久的に持続

1回440,000円

★★ すそわきがの治療も可能!ガーデンクリニック ★★

まとめ

すそわきがで悩む女性もいると思いますが、ニオイを軽減させる方法もたくさんあります。まずは食生活を改善することや、専用ソープを使ってみるなどできる事から始めてみましょう。どうしてもニオイが気になる場合は、婦人科系の病気でないことを確認し、美容皮膚科などに相談してはいかがでしょう。