マネー

銀行カードローンは危ない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手軽で安心して借りられるというイメージの銀行カードローンですが、多重債務者や破産者が増え、銀行カードローンの行き過ぎた貸し出しが問題になっています。
銀行カードローンの特徴やその危険性について、順番に見てしきましょう。

銀行カードローンの基礎知識

銀行カードローンの利用通帳とお金
銀行カードローンは低金利で借りられる場合があることや、銀行で借りるという安心感からも人気の高いローンサービスです。銀行カードローンにはどのような特徴があるのか、解説していきます。

銀行カードローンは総量規制の対象外!

消費者金融で借りた経験がある人は知っているかも知れませんが、消費者金融や信販会社などの貸金業者は年収の3分の1以上を貸すことができないという規制があるということです。この規制を総量規制と呼びます。

総量規制は貸金業法のひとつであるため、銀行法で営業をしている銀行カードローンは総量規制の対象外となっています。

この総量規制によって銀行カードローンが、消費者金融に取って代わり契約者数を激増させる要因となりました。

銀行カードローンは手軽に借りられる?

銀行カードローンは銀行で借りるということから、簡単には借りられないというイメージがありますが、実は個人向けのカードローンは信用情報などに問題がなければ、審査に通ることも十分可能です。

また、Web完結で申し込める銀行カードローンもあり、忙しくて銀行には行けないという人にも便利なサービスとなっています。

借入や返済に関しても、主要なコンビニと提携している銀行も多く、いつでも気軽にコンビニのATMで借りることも可能となっています。

アルバイト・パートでも借りられる?

銀行カードローンは、アルバイトやパートなどの比較的収入が少ない人は審査に通るか不安な人も多いでしょうが、正社員ではなくても審査に通る可能性は十分にあります。

ただし他社借入額が多い、他社借入で延滞をしているなど、信用情報に問題がある場合や、借入希望額を年収に見合わない高額の借入額にしている場合は審査に落ちる可能性が高くなります。

そのため、アルバイトやパートなどで審査に通るか不安な場合は、借入希望額をごく少額にすることをおすすめします。

銀行カードローンの危険性とは?

銀行カードローンの使い過ぎで多重債務に注意
過剰な貸付が社会問題になっている銀行カードローンですが、なぜ銀行カードローンで多重債務者になってしまうのか、その原因や危険性などを解説していきます。

銀行カードローンで多重債務者になる理由

借金の返済が不可能になってしまう多重債務者が問題となった時、かつては消費者金融がその原因となっていました。しかし、2018年現在では銀行カードローンの過剰貸付が問題となっています。

なぜ銀行カードローンで多重債務者になるのか、その理由を見てしきましょう。

気軽さゆえに借金をしている感覚がなくなる

銀行カードローンは、提携しているコンビニなどで気軽に利用ができるため、お金を借りているにもかかわらず、普通預金をおろしているような感覚で利用してしまう人もいます。

また、消費者金融で借りるより、銀行は金利も低い上に、借金の取り立ても怖くないだろうと考えてしまう人もいます。

銀行のカードローンだといっても借金をしていることには変わりがないため、お金を借りた後は支払利息のことをしっかりと考えて計画的に利用しましょう。

少額利用は金利が高くなる

銀行カードローンは低金利と言われていますが、少額利用の場合はそれほど低金利ではない銀行も多く、中には消費者金融と同じ上限金利の銀行カードローンも存在します。

上限金利が18.0%の銀行は、消費者金融と借りても変わりがないことを覚えておきましょう。

カードローンは借入額によって金利が違います。銀行カードローンで借りれば必ず低金利であるとの思い込みは危険です。

中には利用明細書を確認しない人もいるかもしれませんが、借りた後は必ず金利などを確認して、支払利息などの計算をしておくことをおすすめします。

最少返済額が少ないため、返済が長期化する

銀行カードローンには最少返済額が設定されていて、月々の支払は最低でも最少返済額を支払っていけばいいことになっています。以下にいくつかの銀行カードローンの最少返済額を紹介します。

銀行カードローン 最少返済額
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 2,000円
(借入残高10万円以下の場合)
三井住友銀行カードローン 2,000円
(借入残高10万円以下の場合)
楽天銀行スーパーローン 2,000円
(借入残高10万円以下の場合)

いずれも借入残高が10万円以下の場合ですが、月々の最少返済額は2,000円とかなり少額です。毎月2,000円だけ支払っていれば楽ですが、このまま最少返済額だけを支払っていると気付けば支払利息がかなり高額になっているということもありえます。

可能な限り最少返済額以上の返済を毎月していくことを心がけましょう。計画的に返済をするのであれば、消費者金融から借りても変わりがないこともあります。

総量規制の対象外という抜け穴

消費者金融や信販会社などの貸金業者は年収の3分の1以上の貸付をしてはいけないという規制ですが、銀行カードローンは総量規制の対象外であるため貸金業者と別枠で貸すことができるので過剰貸付の要因となっています。

銀行各社が「総量規制の対象外である銀行カードローン」と宣伝し、年収の縛りなく貸付を行うことによって、多重債務者を産み出す危険性も指摘されています。

そのため、2018年現在では銀行は自主規制を設けるとことが多くなっており、総量規制に準ずる取り扱いにしているところが増えています。

こんな人は銀行カードローンを借りてはいけない!

考えずに借りると多重債務者になる危険性もある銀行カードローンですが、特に利用をすることをよく考えた方がいいタイプの人もいます。以下にいくつか紹介していきましょう。

・手元のお金がなくなるのが嫌だからカードローンで借りている
・生活費の足しに日常的に借りている
・いくらの金利で借りているのか分からない
・あとどのぐらいで完済するのか知らない
・資金に余裕がある月でも繰上返済はしない
・他社のカードローンの返済にカードローンで借りて補填している

特に生活費が足りないという理由でお金を借りている場合は要注意です。カードローンで借りないと生活費が足りない生活をしているということは、常に生活費が足りないことになっているため、そのうちに返済困難になることは目に見えています。

そして、カードローンの返済にカードローンを利用するという悪循環がうまれます。お金を借りないと生活費ができないという場合は、生活を根本から改善するか公的機関に相談するなど、カードローン以外の方法も考えることをおすすめします。

銀行カードローンが変わる?自主規制の動きとは

過剰貸し付けを防ぐために規制をする
多重債務者を生み出す行き過ぎた貸し出しだと批判されている銀行カードローンですが、大手銀行を中心に自主規制の動きが見られはじめました。

大手銀行の自主規制の動き

銀行カードローンによる過剰貸付が問題になり、2017年4月から大手銀行も自主規制の強化にのりだしました。

みずほ銀行は、カードローンの融資上限額を引き下げたほか、年収の2分の1でも貸付をしていた審査基準を、年収の3分の1に変更をしています。

また、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行は、収入証明書が必要な金額を下げるなどの対応を取っています。広告に関しても三菱東京UFJ銀行は、子供が視聴する可能性がある時間帯にカードローンのテレビCMを流さないなどの方針です。

銀行カードローンの即日融資の取りやめ

銀行は2018年1月からカードローンなどの個人向け融資の新規受付分に関して、即日融資を取りやめる見通しとなりました。

一部の銀行カードローンでは、消費者金融のように即日融資が可能な銀行が存在しましたが、銀行カードローンでは即日融資を受けられなくなっています。

■消費者金融は安全

銀行に総量規制がないため、自分で貸し付けをするためのルールを決めなければいけません。そのため、消費者金融のように法律で明確に貸し出しできる上限が決まっているわけではないのです。

したがって、過剰貸し付けということが生まれてしまいます。しかし、消費者金融は、いくらお金を貸したくても総量規制によって貸し出しできる上限が定められています。

このことを考えると、消費者金融を利用することは、国で一定のルールを定めて守っていることと同じです。

消費者金融から借りることは、怖いことではなく逆に安心できるということを覚えておきましょう。

まとめ

利便性が高く気軽に利用しやすい銀行カードローンですが、何も知らないで利用をしていると支払利息が払えなくなったり、そのためにさらに別の銀行カードローンを借りたりすることで多重債務者なってしまう可能性もあります。

銀行カードローンを利用する前に、必ず金利をチェックして支払利息などのシミュレーションをするなど計画的に利用することをおすすめします。また、銀行というネームバリューで安心するのではなく、消費者金融も安心ということを知ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す