美容

体臭を予防するために効果的なボディソープの特徴は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なんとなく、自分の体臭が人に気づかれてるかも?なんて感じたことはありませんか?

暑い日の満員電車とか、待ち合わせ時間に遅れそうだからと少し走った後の汗ばんだときとか、日常の中で「ジブンのニオイ」が気になる場面は、だれしも経験あるでしょう。

そして体臭が気になる場面は、なにも暑い日ばかりではありません。

つまり、人によっては一年中「ジブンのニオイ」が気になって、人と会うのも億劫だなんて感じてしまうことすらあるかもしれません。

でも、そういう人はいろいろ体臭対策を立てているでしょうから、自分が思うよりも意外に周囲は気にしていないものです。

逆に、「ジブンのニオイ」に慣れてしまっている人は要注意です。
また体臭に気づいているものの、香水やデオドラントを大量に使って、違う意味で周囲に迷惑をかけてしまっている人でなんとかカバーしている人もいるでしょう。

対策を立てても体臭が気になるという人や、香水やデオドラントを使わずに体臭対策をしたいという人、あるいは体臭の気になる家族にさりげなく対策したいという人向けに、ボディソープを使った体臭対策の方法と特徴を説明します。

体臭改善に役立つボディソープとは?【女性編】

医薬部外品のものを選ぶ

ドラッグストアやスーパーに行くと、数多くスキンケア商品が販売されています。

その中から、目的なった商品を選ぶのが難しいという人は多いでしょう。

成分表を見てもよくわからない、じゃあ高価なものを選べばいいの?
でも、そんなに高いスキンケアは選べない。

経済的なことを考えれば、それほど値が張らないもので、しっかり効果が実感できるものがいいですよね。

ボディソープを選ぶときは、まず第一条件として「医薬部外品」かどうかをチェックしましょう。
医薬部外品であれば、成分の安全性が保証されるため安心して使用することができます。

そもそも医薬部外品とは、厚生労働省から認可された、効果・効能に有効とされる成分が一定の濃度で配合されている商品で、防止や衛生を目的に作られています。

商品の中には「薬用」と書かれたものがありますが、これは「医薬部外品」に認められた表示方法なので、「薬用=医薬部外品」と判断することができるわけです。

アミノ酸系+殺菌作用成分入りのものを選ぶ

体臭の原因の一つとなるのが皮脂の過剰分泌です。
皮脂は肌の表面をコーティングし乾燥から肌を守り、潤いを保つ役割がある一方で、雑菌が繁殖しやすい環境を作ります。

過剰に分泌された皮脂のベース、つまり肌に悪い環境で汗をかくと強い臭いを放つため、皮脂の分泌を抑えることが体臭予防につながります。

アミノ酸系のボディソープは肌に優しく洗浄することができます。
洗浄力が強いものでは、肌に必要な皮脂までも洗い流してしまい、それが皮脂をさらに分泌させます。

体臭予防に効果的な成分として、殺菌作用成分があります。
緑茶エキスとイソプロピルメチルフェノールは、消臭剤やデオドラントによく含まれています。

これらの成分は男性だけでなく、多くの女性も悩まされるワキガ予防に期待できる成分として注目を集めています。
緑茶エキスのポリフェノールの一種である茶カテキンは抗酸化作用があり、皮脂の酸化を防ぎ、雑菌の繁殖を抑制します。
イソプロピルメチルフェノールはワキガが強い人に多いアポクリン腺から出る体臭に殺菌・抗菌・消臭効果が期待できます。

遺伝や体質によって異なりますが、このアポクリン腺が多い人あるいは発達している人は、ワキガになりやすいのですが、日本人はアポクリン腺が少ない人が比較的多いので、その中でワキガの人は余計目立ってしまうわけです。

体臭改善に役立つボディソープとは?【男性編】

加齢臭対策に効果的な成分を含んでいること!

男性は特に年齢とともに体臭がきつくなり、加齢臭のせいで家族からも職場の女性からも距離を置かれるようになってしまったという人も多いのではないでしょうか。

自分ではあまり気にならないという人でも、ある程度の年齢になったら、無頓着にならず一日でも早く加齢臭予防を始めましょう。

そのためにはまず、加齢臭の原因の一つであるノネナールを撃退することが重要です。
このノネナールを効果的に殺菌してくれるのが、柿渋エキスとヤシ油です。柿渋エキスは柿が含まれているというのもあり、古くからある自然由来の成分ということで使用するうえで安心感があります。

柿渋エキスにはイソプロピルメチルフェノールほどの強い殺菌作用はないものの、汗をかいたときにシャツから漂う嫌なにおいを抑える程度の効力が期待できます。

またヤシ油は別名ココナッツオイルとも呼ばれ、強い抗酸化力を持っています。過剰に分泌された皮脂を酸化しにくくし、体臭を抑えられるという特徴を持っています。

柿渋エキスとヤシ油どちらか、または両方を含んだボディソープがオススメです。

正しいボディソープの使い方

せっかく体臭予防に有効な成分を含んだボディソープを使っても、正しく体を洗えていなければ意味がありません。肌のバランスを整えて、清潔な環境を保つためにできる洗浄方法を簡単に紹介します。

この方法では、ボディ用ナイロンタオルやボディブラシなどを使わず手で体を洗います

  1. 肌に触れる前に手をしっかり洗う
  2. 素早く泡立て、きめ細かい泡を作る
  3. 泡で撫でるように全体になじませる
  4. すすぎ残しなく洗い流す

肝心の手が汚れた状態では、体に雑菌を塗りつけていることになるため注意しましょう。

また泡立てネットを使用する場合は、日頃からこまめに殺菌するかこまめに買い替えるようにすると清潔を保つことができます。

なおナイロンタオルやボディブラシで体をゴシゴシ洗った方が、よく汚れが落ちる感覚がして、気持ちがいいという人がいます。しかし強く肌をこすってしまうと、逆に皮脂分泌を活性化させてしまい、さらなる体臭の原因になることがあります。

そのためにもよく泡立てた泡で、肌を傷つけないように優しく洗うことがポイントです。
「強く洗わないと汚れたが落ちた気がしない」という人でも、一度試してみてはいかがでしょうか。

日々、正しく洗浄することが体臭予防に大きく役に立ってきます。

まとめ

体臭がなくなるだけで印象も変わります。

家族や友人、同僚もきっとあなたの体臭の変化に気づくでしょう。
早速、ボディソープと洗い方を見直して体臭予防を早い段階で始め、リフレッシュした気分で気持ちのいい毎日を過ごしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の肌、イマイチ。

なんだか朝からついてない。
気分モヤモヤ、仕事も憂うつ。

ちょっとした気分転換、なにかいいコトないかな。

そんなあなたをちょこっと応援。

 

望む未来を手に入れよう!

コメントを残す