美容

coyori化粧水の口コミは?全3種類を比較してみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エイジングケア化粧品coyoriで販売されている化粧水、全3種類の口コミをまとめてみました。

高保湿温泉化粧水の「しっとりタイプ」「さっぱりタイプ」は何が違うのか、実際どのような成分が配合されているのかなどを安心して使用できるように確認していきましょう。

また、化粧水の正しい使い方も紹介していきますので試してみてください。

coyori化粧水は全3種類


自然派エイジングケアブランドcoyoriの化粧水は全部で下記の3種類あります。

  • coyori高保湿温泉化粧水しっとり
  • coyori高保湿温泉化粧水さっぱり
  • coyori彩醒 化粧水

coyoriベーシックラインの高保湿温泉化粧水は「しっとり」「さっぱり」の2種類があります。

有効成分は同じなのに使用感が違うため、朝・夜や季節によって使い分けも可能です。

もうひとつは、coyori最高峰エイジングケアライン彩醒の「coyori彩醒 化粧水」です。

特徴や使用感を知り、肌質や肌悩みに合った化粧水を選ぶと良いですね

coyori化粧水の種類別口コミを見てみましょう


「coyori高保湿温泉化粧水しっとり」「coyori高保湿温泉化粧水さっぱり」「coyori彩醒 化粧水」それぞれの口コミを見ていきましょう。

coyori高保湿温泉化粧水 しっとりの口コミ

《良い口コミ》

・とろみのあるテクスチャーですが、スッと馴染んでモチモチします。肌がすごく柔らかくなりました。(30代・混合肌)

・肌なじみも良くベタつきのないしっとり感が大好きです。浸透力と保湿にとても優れている感じです。(30代・乾燥肌)

・安心して使えるのがなによりです。特に乾燥するシーズンには欠かせません。(50代・敏感肌)

・かなり肌の調子がよくなりました!感激です。(40代・混合肌)

保湿力とベタつかない使用感が良いという口コミが多い印象でした。

とろみのあるテクスチャーなのにサラッとした仕上がりが人気のポイントですね。

また、高保湿温泉化粧水しっとりタイプのみトライアルセットでのお試しが可能なので、お試しして気に入り、そのまま継続使用する方が多いようです。

《悪い口コミ》

・浸透があまり良くなく、ベタつきが気になります。(20代・混合肌)

・普通の化粧水との違いが分かりませんでした。浸透スピードが遅い気がします。(20代・乾燥肌)

coyoriは30代からのエイジングケア化粧品のため20代の方だとまだ効果がわかりにくいようです

夏場のベタつく季節やオイリー肌の方は少し浸透が気になる場合があるようなので、化粧水を肌に馴染ませる際に、両手で顔を包み込むようにハンドプレスすると手の温かさで浸透率がアップしますよ。

coyori高保湿温泉化粧水 さっぱりの口コミ

《良い口コミ》

・夏はさっぱりタイプで満足!サラッとしているのに年齢を重ねた肌もしっかり潤ってくれます。(50代・普通肌)

・乾燥が気になる部分に重ね付けしてもベタベタしないので口元やあごの乾燥が気になるところにたっぷり重ね付けできて良いです。(30代・乾燥肌)

・潤いながらもさっぱりする感じ!(30代・敏感肌)

・期待通りのさっぱり感で肌なじみも良いです。美容オイルとの相性も良くて気に入りました。(40代・混合肌)

夏の汗でベタつく季節には保湿力が高いのにさっぱりとした使い心地なのは嬉しいですよね。

秋冬は「しっとりタイプ」、春夏は「さっぱりタイプ」と季節によって使い分けをしている方も多かったです。

《悪い口コミ》

・匂いが独特なのでちょっと苦手です。(30代・乾燥肌)

・しっとりタイプを使っていたからか、物足りなく感じました。(40代・乾燥肌)

無香料ではありますが、温泉水や天然成分の匂いが気になる場合もあるようです。

また、乾燥肌の方だと秋冬に使用する際には物足りなく感じるかもしれません。

さっぱりとした化粧水の後に、美容オイルを使用することにより保湿力を感じられる方も多いようですのでライン使いがよさそうです。

coyori彩醒 化粧水の口コミ

《良い口コミ》

・使うたびにシワが潤って目立ちにくくなってます。これ1本だけでもお肌が潤います。(40代・乾燥肌)

・とにかく保湿力が高く、敏感肌でも肌荒れなく使えています。(30代・敏感肌)

・乾燥小じわが増えて悩んでいましたが、少しずつケアされている気がします。使い続けたい化粧水です。(40代・乾燥肌)

coyori最高峰のエイジングケアラインなだけあり、乾燥小じわやシワなどに効果を実感できる方が多い印象です。

また、3種類の国産の蘭をブレンドしたオーキッドエキスや桜の花エキスなど美肌成分がたっぷり配合されており、加齢による肌悩みに働きかけてくれます。

《悪い口コミ》

・肌にのせた時のにおいが気になります。(40代・乾燥肌)

・値段が結構するし、高保湿温泉化粧水で充分でした。(30代・普通肌)

美肌再生サイクルのオートファジーに着目し、エイジングケアに効果があるため若い方だと効果が実感しにくいかもしれません。

また、高保湿温泉化粧水と比べると価格も高くなるためしっかりとエイジングケアに取り組みたい方向けでしょう。

coyori化粧水の成分や特徴は?


coyori高保湿温泉化粧水のしっとりタイプとさっぱりタイプの有効成分は同じなのに使用感の違いがあります

同じ効果で好みのテクスチャーを選べるのが嬉しいですが、どのような成分が配合されているのでしょうか。

また、2019年3月にリニューアルされた高保湿温泉化粧水はどこが変わったのかも見ていきましょう。

温泉水を50%以上配合

coyoriの化粧水には美肌の湯で有名な島根県玉造温泉の源泉が50%以上配合されています。

温泉水が肌にしっかりと潤いを与え、肌をほぐしてくれます。

また、温泉水は油分とのなじみが良いためcoyoriの美容オイルの浸透を高める役割もあります。

皮脂の酸化ケアにサンショウエキス

高保湿温泉化粧水がリニューアルされた際に新配合されたのが、サンショウエキスです。

サンショウエキスが肌老化の原因となる皮脂の酸化を約70%も抑制してくれ、本来の皮脂を保てるように働きかけます。

ハリ・潤いを保つマイタケエキス

高保湿温泉化粧水のリニューアル前から配合されていたマイタケエキスですが、リニューアルした際に従来比200%に増量されました。

キメ細かい肌を保つためには皮脂膜を作る皮脂の量が大切になってきます。

しかし、皮脂の量は加齢と共に減少していき、50代では20代の約半分にまで減少すると言われています。

そんな皮脂の産生をサポートしてくれるマイタケエキスがたっぷり配合されています。

にごりケアや保湿ケアなどの和漢・植物エキス

植物性ヒアルロン酸とも呼ばれる保水力に優れたアロエベラやユズエキス、セラミドのサポートをしてくれるサガラメエキス、ミネラルやアミノ酸が豊富でビタミンCがレモンの34倍もあるアセロラエキスなどの天然美容成分が配合されています。

国産の天然由来成分なので、敏感肌の方でも安心して使用できますね。

しっとりタイプとさっぱりタイプはとろみ成分だけが違う!

高保湿温泉化粧水のしっとりタイプとさっぱりタイプですが、実際に配合されている成分で違うのは、トウモロコシなどを発酵させて作られるキサンタンガムひとつのみです。

保湿力に違いはないので好みの使用感で選ぶことが可能です。

キサンタンガムはドレッシングやソースなどの食品にも使用されており、とろみ出しの役割があります。

coyori高保湿温泉化粧水の使い方


coyoriの化粧水は2度付けが基本の使い方です。

他にも集中ケアやスペシャルケアの仕方も紹介していきます。

coyori高保湿温泉化粧水は2度付けしよう!

coyori公式サイトでも化粧水は2度付けが基本の使い方と紹介されています。

湿力が足りないなと思っていた方は正しい使用方法でケアしてみましょう。

1.洗顔後500円玉大の化粧水を手のひらに取ります。

2.温めるように両手をこすり合わせてから顔全体に広げます。

3.もう一度、500円玉大を手のひらに取り、1回目と同様に顔に広げます。2度付けすることで塗りムラを防ぎ、潤いを高めます。

4.仕上げに顔全体を優しくパッティングし、手のひらでハンドプレスします。

5.首元が気になる場合には、顔とセットで首元も同様に化粧水でケアしましょう。

coyoriの化粧水だけでなく、乾燥が気になる場合には化粧水は2度付けがおすすめです。

コットンとは違い、手のひらで塗るとどうしても液だれして塗りムラができてしまうため2度付けで丁寧なケアをしたいですね。

また、化粧水は肌を温めることで肌なじみが良くなるため、仕上げのハンドプレスはするようにしましょう。

化粧水を使ったおすすめのケア方法

coyoriの化粧水で目元や口元などの乾燥小じわが気になる部分も集中ケアをしていきましょう。

コットンパックで目元や口元の集中ケア

1.化粧水をしっかりとコットンに含ませ目元や口元など小じわが気になる部分に貼っていきます。

2.10分程でコットンが乾き始めるので、コットンを剥がします。

3.剥がした後に肌に化粧水が残っている場合には優しく馴染ませるようにしましょう。

コットンだけでなくシートパックを使うことで顔全体のケアが可能なので、週末のスペシャルケアとしても使用できます。

アドマイザーを使ってミストタイプに!

スプレー容器や香水などを持ち歩く際に使うアドマイザーに化粧水を入れることでミストタイプの化粧水として使用することができます。

ミストは夏場などの汗をかく季節に使うことが多いかと思いますので、さっぱりタイプの化粧水がおすすめです。

また、手の届かない背中などに化粧水を使用したい場合にもミストだと便利で使いやすいですね。

coyori化粧水をお試しする方法は?


coyori高保湿温泉化粧水は100ml(約1ヶ月分)で3,394円(税込)なのですが、敏感肌の方などは「興味があるけれどいきなり現品を購入して肌に合わなかったらどうしよう…」と躊躇してしまうことがありますよね。

実は、coyoriの化粧水は単品のお試し購入やパウチタイプのサンプルがありません。

しかし、初めての方のみ化粧水だけでなく美容オイルなどもセットでお得にお試しできる方法があるので紹介していきます。

高保湿温泉化粧水しっとりも試せるcoyori 14日間ハリ体験セット

coyori公式サイトで初回限定に限り購入することができる14日間ハリ体験セットには、2週間分の高保湿温泉化粧水しっとりがセットになっています。

セット内容 高保湿温泉化粧水しっとり(50ml)
美容オイル(10ml)
濃密美容クリーム(10g)
価格 1,480円
送料 無料

価格を見て気付いた方もいるかと思いますが…

高保湿温泉化粧水の100mlで3,394円なので、半分の50mlは本来なら1,697円ですよね。

しかし、その1,697円よりも安い1,480円で高保湿温泉化粧水だけでなく、美容オイルやクリームまで試すことができちゃいます。

coyoriのベーシックラインをしっかり体験できるセットなのでcoyoriを試してみたいと考えている方におすすめです。

まとめ

coyori化粧水は評価が高く、リピート購入をしている人が多い商品でした。

高保湿温泉化粧水は「しっとり」と「さっぱり」で使い分けができるため2本持っていてもよさそうですね。

化粧水のお試しができるのはcoyori公式サイトでのみ購入可能な14日間ハリ体験セットだけなので、エイジングケアに興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加