生活・節約

金婚式お祝い相場│人気旅行ギフトのEXETIME(エグゼタイム)とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

金婚式といえば、結婚して50年目という大切なお祝いです。
20歳で結婚したら、70歳でお祝いすることになります。
人生を長く一緒に添いとげられてきた夫婦二人の節目を、子どもたち家族や親戚などとお祝いする人も多いでしょう。


そんな金婚式のお祝いで、子供から両親へ渡すプレゼントの相場はいくらなのか、どんなギフトが喜ばれるのか、頭を悩ませる人も多いようです。特にみんなはどのくらいの予算で計画するのかな気になりませんか?
金婚式のお祝いについて調べてみました。

金婚式のお祝いの方法とは?

結婚50周年といえば半世紀、それほど長く一緒に過ごしてこられたご夫婦の金婚式は、家族や親戚で集まって盛大にお祝いをしてあげたいものですね。

そんな金婚式はどうやって行うのか、金婚式の方法について見ていきましょう。

金婚式の由来ってなに?

結婚記念日を祝うという風習を始めたのはイギリスだと言われています。

結婚の経過年数に対して色々な呼び方をしますが、結婚1周年を紙婚式と呼び、10周年で錫(すず)婚式25周年で銀婚式35周年で珊瑚(さんご)婚式と続き、40周年でルビー婚式50周年で金婚式と呼んで、それぞれの年数でお祝いをするというものです。安価な紙から年月をかけて高価なものへと変化をしていく様は、夫婦の長い歴史そのものだと言えるでしょう。

欧米では、金婚式のあとに60周年でダイヤモンド婚70周年でプラチナ婚と続いていきます。

金婚式のお祝いの日取りや誰を呼ぶかを確認する

金婚式のお祝いを計画するのは、お祝い対象となるご夫婦の子供さんたちが中心になって決めることになるでしょう。
しかし、お祝いをする日にちは自分たちの都合だけで決めず、必ず主役となる夫婦二人の都合を先に確認しておきましょう。また、お祝いの席に誰を呼ぶかということも、夫婦二人に確認をし、二人の意見で決めるようにすると、トラブルなども起きにくくなるでしょう。

また日程が決まったら、招待する人になるべく早く出席の確認を取るようにします。

金婚式のお祝いをする場所を決める

金婚式のお祝いは、なるべくなら大勢呼んで盛大にしたいですが、少人数でするのか、大人数になるのかで会場も違ってくるため、先に主役の二人に相談をしてから決めるとよいでしょう。

大抵が、夫婦二人の子供や孫、親戚などが集まってすることが多いようです。お祝いをする場所は人数によっても変わってきますが、大人数の場合はレストランを貸し切ったり、あるいはホテルの大広間、温泉旅館などもいいかもしれません。

少人数の場合は、自宅でアットホームに行うもよし、またちょっと豪華なレストランや、窓からの眺めがきれいなホテルの高層会レストランの個室などを予約するのも特別感があって喜ばれることでしょう。

金婚式のお祝いのプレゼントを決める

せっかくの金婚式のお祝いの席に、何もプレゼントがないのは寂しいものです。夫婦によってはお祝いしてくれるだけでいいと言う人もいるでしょうが、何か子供たちで用意してあげると喜んでもらえるはずです。

プレゼントといっても、費用を負担してくれる人数によっても変わるため、誰が参加してくれるのかを事前に確認をしておいて、どれくらいの予算でプレゼントを考えればいいのか、夫婦が二人とも喜んでくれるものは何か、よく考えてから早めに準備をしておきましょう。

金婚式のお祝いの相場は?人気のプレゼントはなに?

金婚式で子供が両親に送るお祝いの相場はいくらぐらいなのか気になりますよね。また、具体的には何をプレゼントしたらいいのか、どんなものが喜ばれるのか、順番に見ていきましょう。

金婚式のお祝いはいくらぐらい?気になる相場をチェック!

子供たちから両親への金婚式のお祝いを考えたときに、一般的にはいくらぐらいお祝いに用意をするのか、平均的な相場は以下のようになっています。

  • 普通の結婚記念日  5,000円~10,000円
  • 金婚式 30,000円~50,000円

金婚式は、普通の結婚記念日とは別に考えられていて、それなりの費用をかけようと考える人も多く、また、金婚式にそなえて子供たちが集まり、それぞれで費用を分担して合同で行うということも多いようです。

このことからも、金婚式には特別なお祝いをと考える人が多いことが分かるでしょう。

金婚式のお祝いの品の選び方とは?

せっかくのお祝いの品なので、本人たちが喜んで利用してくれるものでなければ意味がありませんよね。

お祝いの品を選ぶポイントとしては、二人とも利用してくれるものがおすすめす。

例えば、お父さんの趣味にあわせてゴルフ関連の品物を贈った場合、お父さんは喜んでも、ゴルフをしないお母さんは使わないということもあります。夫婦二人が同じように利用できるものの方が、特別な記念としてのプレゼントには適しているのではないでしょうか。

また、普通のお祝いの品よりも特別感を出してあげることもポイントです。

いつもより豪華な品物にしたり、名前を入れた品物にするなど、子供たちがちょっと奮発して用意してくれたということが伝わるものにするのもおすすめです。

豪華なプレゼントなら、旅行のプレゼントが人気!

金婚式のお祝いとして、豪華な旅行などがよく喜ばれるようです。旅行は費用が高いため、なかなか夫婦で行こうと思うのは難しいと考える人もいるでしょう。

そこで子供たちから、豪華な温泉旅館に宿泊してもらえる旅行をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。金婚式をきっかけに、夫婦水入らずでゆっくりと贅沢な時間をすごすことができるはずです。

旅行費用は高額なってしまっても、子供たちが分担してお金を出し合えば、一人頭の費用をおさえることも可能でしょう。

手軽なアイテムなら夫婦茶碗や夫婦箸などが人気

金婚式のお祝いでプレゼントするアイテムとしては、夫婦揃って使える夫婦箸や夫婦茶碗などが手軽に選べるものとして人気です。
特に名前を入れてもらえるものは、記念日の贈り物としてもぴったりで特別感が演出できます。

それほど高価なものをプレゼントしない人、または旅行などのプレゼントにプラスして贈ることもできる手軽なプレゼントとしてもおすすめです。

似顔絵や名前ポエムなども人気!

金婚式にプレゼントなど用意しなくてもいい、高価なものはいらない、と言うご夫婦もいるかもしれませんん。

そんなご夫婦には、仲の良いご夫婦であれば、二人の似顔絵にメッセージをつけたものや、二人の名前を詩(ポエム)の頭文字などにまぜこんだお祝いの詩の額なども人気があります。

豪華な温泉旅館も選べる!人気のカタログギフトEXETIMEとは?



金婚式のお祝いに、豪華な温泉旅館へ宿泊できるプランが人気のEXETIMEエグゼタイムというカタログギフトがあります。

EXETIMEとはどんなカタログギフトか、どんなメリットがあるのか見ていきましょう。

EXETIMEは旅行・高級ディナーをプレゼントできるカタログギフト!

結婚式の引き出物や出産内祝いなどによく使われるカタログギフトですが、よくあるのは食器や雑貨など、使うか使わないかよく分からない商品がたくさんのっていて、それほど欲しいものが見当たらないという人も多いのではないでしょうか。

EXETIMEは、旅行や高級ディナー、体験などを中心にカタログで紹介をしていて、特に旅館などは豪華な人気温泉旅館なども豊富に掲載されています。

例えば、行きたいと思っていた温泉旅館がちょうどそのカタログギフトにのっていたという話もあるぐらいで、旅行好きのシニア世代に人気があり、選ぶのが楽しみなカタログギフトとなっています。

カタログギフトの値段や、のし・包装紙も豊富な種類から選べる!




EXETIMEのカタログギフトの値段設定は、手軽な6,048円コースから、超豪華な114,480円コースの間から選択ができ、必要用途や内容によって、自分で選択することができます。

また、公式サイトからの注文に限り、人気のPart5の54,648円コースを選択すると、カタログギフトの表紙9種類、のし16種類、包装紙9種類、メッセージカード3種類から組み合わせてオリジナルパッケージを作ることができます。

若い世代からシニア世代まで、世代に合わせたデザインにのしなどの組み合わせがアレンジができます。

一般的なカタログギフトよりも高価ですが、しかしオリジナルパッケージを選択することができたり、包装紙やのし、メッセージカードなどを組み合わせるだけで、特別な贈り物とすることができるでしょう。

普段はなかなか行けない豪華な温泉旅館などが載っているEXETIMEでぜいたくな温泉旅行を楽しんでもらうのも良いお祝いになるのではないでしょうか。

EXETIME(エグゼタイム)は超!豪華なカタログギフト?その内容は?

まとめ

金婚式のお祝いは、50周年もの長い年月を共に歩んでこられた夫婦を祝うものであるため、しっかりと事前に本人たちから要望を聞き、早めに準備をすることをおすすめします。

また、お祝いの品は旅行などの豪華なものから、夫婦箸などの手軽なものまで色々な選択肢があります。せっかくの金婚式の贈り物ですので、2人に喜んでもらえるものを予算も考慮してじっくり選んで、素敵な金婚式のお祝いにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す