生活・節約

Looopでんきの評判・口コミを紹介!使わなかったら0円?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初めに電気料の請求書を準備してから、読んでいただくとわかりやすいです。
2016年4月から始まった電力自由化で、どこの電力会社を利用すれば電気代が安くなるのか、気になる人も多いでしょう。数ある電力会社の中でも、今回は基本料金無料Looopでんきについて評判を交えてご紹介します。本当に電気代がお得になるのか、デメリットや、電気代のシミュレーション結果、申し込みの注意点、評判や口コミなど徹底解説します!


LooopでんきのHPでシミュレーションをするには、電気料の請求書が必要です。


意外と難しい?電気代の節約

日常生活の中で、できる限り節約や倹約をして、貯蓄や遊興費にお金を使えるといいですよね。そこで、生活費の見直しができると大きな節約につながります。
「電気」「電話」「水道」「ガス」「NHK」と5大公共料金というものがあります。最近はオール電化も普及してきたため、「ガス」を利用していない家庭もありますが、いずれにしろこれらの料金を安く抑えることができれば、月々の生活も楽になるでしょう。
そこで、どのようにすると節約ができるのか見ていきましょう。

「NHK」は、月払いではなく、年間一括払いにすることで節約ができます。
「電話」は、携帯電話を格安SIMに切り替えることで、場合によっては万単位で節約することができます。
「水道」は、例えば山の湧き水を汲(く)みにいったり、スーパーなどでボトルを購入すれば無料でもらえるサービスを利用したり、あるいは毎日の入浴時に意識的に水を止めるようにするなどで、多少は節約することができます。
「ガス」については、給湯の設定温度や入浴の仕方などを見直したり、あるいは契約できるガス会社を料金比較し、安いところに切り替えたりすることで、節約することができるでしょう。

しかし、意外と「電気」のような変動費を下げることが難しいのではないでしょうか。節電や太陽光発電を利用しても、あるいは照明をLEDに変えたりしても、給湯も冷暖房も電気に頼る生活では、電気代は馬鹿にならないでしょう。

そこで、2016年から電力自由化が開始されて、節約ができる可能性が広がりました。少しでも安くなる可能性があるのであれば切り替えを検討する価値があるでしょう。しかし、月1,000円程度しか安くならないのであれば、「今のままでいい」と切替えに尻込みをする人も多いようです。

月1,000円の節約といえば、年間12,000円になります。節電などせずにいて、ふつうの生活を考えるとこの金額は大きな金額となるでしょう。また、これが2,000円、7,000円となると本当に見逃すことができない金額になってきます。

そこでLooopでんきに切り替えた人の評判や口コミをみると、電気の質(停電の心配など)が変わらず節約できることが分かります。

このように少しでも節約ができれば、貯蓄もできるし、また子供の教育費にもまわすことも可能です。同じサービスで節約ができるのであれば、積極的に切替えを行った方がお得ではないでしょうか。

光熱費を節約する方法を学ぼう

家計の固定費を節約して貯金額を増やそう

電力自由化ってなに?

電気の事業は、「発電」「送電」「販売」に分かれています。
「発電」はソーラー発電、火力発電、原子力発電など電気を作る事業のことです。次に「送電」は「発電」したものを家庭に電気を届ける事業のことですが、この「送電」事業には民間は参入できません。

そして「発電」された電力を発電事業社から買い取って、各家庭に販売しているのが「販売」事業です。

電力自由化とは、この「販売」事業について民間が参入できるようにしたものです。

現在この「販売」(小売り)に参入している新電力事業者(PPS)は100社以上あります。しかしいざ電力会社を切り替えてみるかと検討しても、もし電力が止まった時にしっかり対応してくれるか心配だという人も多く、なかなか切り替えに踏み切れないということもあるようです。

このように、生活に密着している電気のため、なかなか切り替えに後ろ向きの人が多いのが現状のようです。しかしながら、Looopでんきに切り替えた人の評判や口コミをみると、しっかりとこの電気が家庭にくるまでの流れを把握しているためその心配をせずに契約をしている人もいることが分かります。

「バックアップ契約」で停電リスクは皆無

一番の心配は、契約した新電力事業者でトラブルが起こり、電気の供給がストップしてしまうことがあるのではないか?ということでしょう。このようなことは、評判や口コミをみても心配をする人がいました。

しかし結論から言えば、トラブルが起こっても、また最悪、倒産してしまったとしても、電力の供給は東京電力や関西電力といった地域電力会社が電気を供給する仕組みになっているため、電気がストップするということはありません。これを「バックアップ契約」といい、資源エネルギー庁の公式ホームページにも記載されています。

かりに自然災害が発生して停電するとしても、新電力事業者だから停電するということはなく、災害が発生した地域では、同じように停電になり、同じように復旧されます。つまり、新電力事業者と契約したからといって、停電などの心配は皆無といっていいのです。

2016年4月の電力自由化は、「販売」の部分を変更しただけなので、電気料金が少しでも安くなるのであれば、積極的に切り替えを行った方がお得だといえるでしょう。

参考サイト
経済産業省資源エネルギー庁(2017年7月、著者調べ)

Looopでんきの評判や口コミをチェックしてみよう!

Looopでんきの内容をチェックする前に、まずは実際に利用している人の評判や口コミを見てみましょう。

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”2.jpg” name=”ひとり暮らし/東京都/電気使用量216kWh”]東京電力から切り替えましたが、冬場の電気代が月額平均で1200円ほど節約できたことが何よりうれしかったです。ひとり暮らしは冷暖房器具をつければ不経済になることが多いことから、ライフスタイルで自由に選べるLooopは最高の一言です。[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”2.jpg” name=”2人暮らし/東京都/電気使用量300kWh”]電気の基本料金が無料になったので、毎月使った分だけ払っていくというのが分かりやすく、節約へのモチベーションをあげることにつながりました。実際に毎月の電気料金はかなり安くなったので、変えてよかったです。[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”4人暮らし/埼玉県/電気使用量300kWh”]よかった点は、電気代を以前と比較して安価に抑制することができた点です。浮いた分のお金は、家族で使うための貯金としてとっておくことができます。悪かった点については、特にありませんが、ついつい家族の電気の使い方についてもチェックしてしまうことで、家族にうるさがられています。[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”3人暮らし/大阪府/電気使用量300kWh”]こちらに切替えを行ったことで電気代はかなり節約をすることができたので、自分としてはよかったと実感をしております。ただスタッフさんの対応などが不十分な部分があったので、そちらを何とかしてもらいたいと思いました。
[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”2.jpg” name=”ひとり暮らし/東京都/電気使用量94kWh”]実際にLooopでんきに変更してみての感想は、電気を多く使う家庭や企業などは恩恵があるがひとり暮らしだと余りメリットがないということです。なぜなら、基本的にLooopでんきは基本料がかからない割に一段階目の料金が比較的高いからです。ですので120kWh以上使わない人は損をしていると思います。[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”2.jpg” name=”3人暮らし/愛知県/電気使用量600kWh”]電気料金の単価自体が安くなったので、有り難いです。機械もそのままで、飽くまでお支払先が変わるだけなので、簡単でした。ただ、なにかあった時の対応をしてくれるかどうかが不安です。今の時点では何もないので、このまま何事もなくいきたいです。[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”4人暮らし/奈良県/電気使用量450kWh”]関西電力からの乗り換えでした。手続きは、ネット経由で行えて簡単でした。また、ネットで比較できるので、一番料金が安くなるLoooP電気を選びました。
我が家では、毎月400kWh以上使用するので、奈良デンよりもお得でしたが400kWhまでなら奈良デンが安いと思います。
変更して確実に電気代は安くなりました。[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”3人暮らし/栃木県/電気使用量303kWh”]基本料がずっと無料なところが良かった。Looopでんきに切り替えた際、停電が増えたり、電力供給が不安定になったりすることは無かった。電力会社の送電網を使って電気を届けてくれるので、電気の品質が変わることがないことが良かった。
[/speech_bubble]

全体的に、Looopでんきにして電気代が安くなったという人が多く、ひどいクレームなどの評判や口コミはないようです。

Looopでんきのメリットってなに?

2016年4月から電力が全面自由化となり、電力会社や料金プランなどを比較して自由に選択することができるようになりました。自由に選べるとなると、かえってどこにすればいいのか迷ってしまいますよね。
そんな中で登場したLooopでんきは、基本料金0円で話題となっています。Looopでんきの特徴やメリットを順番に見ていきましょう。

Looopでんきってなに?

Looopでんきは、太陽光パネルを作り発電された電気を消費者に売るなど、再生可能エネルギーの開発・販売を中心に事業展開してきた株式会社Looopが、電力自由化に伴って電力会社として新規参入し、Looopでんきが誕生しました。
当初は使用できるエリアが限定されていましたが、2017年7月現在では沖縄県と離島をのぞき、全国で利用可能となりました。

「基本料金0円」で、従量料金単価が固定のため、分かりやすい料金設定となっています。
一般家庭向けの「おうちプラン」と、事務所商店向けの「ビジネスプラン」の2種類の電力プランでサービス展開しています。

さらに2017年4月よりプランが追加され、住宅用太陽光発電システムを導入している家庭向けの「Looopでんき+ソーラー割り」(通常従量料金より1円引き)と、Looopが販売している住宅用太陽光発電システム「Looop Home」を利用している場合の「Looopでんき+ Looop Home割り」(通常従量料金より1円引き)の2種類のメニューが追加され、「おうちプラン」「ビジネスプラン」よりもお得な料金設定となっています。

どんなメリットがあるの?

Looopでんきは「基本料金0円」というメリット以外に、どんな利点があるのか、順番に見ていきましょう。

3段階ではなく1段階の一律料金

通常の電力会社では、電気の使用量に応じて3段階で料金単価があがっていくため、使用量の多い家庭の場合は料金が高くなってしまうデメリットがありました。
しかし、Looop電気ではいくら使用しても単価が同じなので、特に使用量の多い家庭では電気代が安くなる可能性があります。
参考までに、関西電力の場合の料金単価を見てみましょう。

Looopでんき 料金単価(税込) 関西電力 料金単価(税込)
おうちプラン(関西電力エリア) 従量電灯Aプラン
25円/kWh 15kWh超過120kWまで 第1段階 22.83円
120kWh超過300kWhまで 第2段階 29.26円
300kWh超過分 第3段階 33.32円

上記の表を見てもらうと、Looop電気のおうちプランの料金単価は、関西電力の第2段階よりも安い料金単価のため、多くの家庭で電気料金を下げることができる可能性があります。

契約違約金が発生しない

契約期間内に契約解除をしても、解約金などは発生しないため、使っていて余りお得にならないなと思ったらすぐに解約することができます。
なお契約期間は、供給開始日以降1年契約で自動更新となります。

工事費用は原則発生しない

Looopでんきを利用する時に、スマートメーターという新しい電力量計を取り付ける必要がありますが、一般送配電事業者(東京電力など)が原則無料で設置します。
家の設備状況によっては、アンペアブレーカーを取り外すなどの工事が発生する場合もありますが、状況によって違うため、申し込みの時に確認しておきましょう。

切替え時に現在の電力会社に連絡不要

電力会社への切替えの連絡は、Looopでんきがしてくれるため、自分で連絡をする必要はありません。

料金設定が単純で分かりやすいことと、契約違約金が発生しないことは、Looop電気の大きな特徴といえるでしょう。
特に契約違約金が発生しないことは、電力会社を変更することに抵抗がある人でも、思い切って申し込むことができるメリットとして考えることができるでしょう。

【空き家】【別荘】には持って来いの従量料金

Looopでんきの魅力は、基本料金が発生しないことです。したがって、電気を利用しなければお金を払う必要がありません。

2017年現在で社会問題となっているのが、空き家問題です。田舎の不動産を親の相続で引き受けたはいいけど、維持するのに大変だという人が多いようです。人の手の入らない空き家はすぐに傷むものなので、定期的に風通しをしたり、傷み具合をチェックしたりする必要があります。その際には電気や水は使えるようにしておいた方がよいため、電気が契約しているという場合が多いでしょう。

通常であれば、電気の使用量はないのに、基本料金だけ月々かかってしまうということになりますが、Looopでんきに切替えてしまえば、基本料金は無料なので、家の管理に立ち寄って電気を使った分だけ請求されるようになり、空き家を管理する上でも大きなメリットとなるでしょう。

同じように年間で一定の時期しか利用しない別荘などにも、使った分だけ請求されるLooopでんきはとても有り難い存在になります。

参考サイト

申し込む時の注意点!

Looopでんきに申し込む時に注意する点が幾つかあります。

  • 申込時に「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」が必要。⇒検針票は、いざという時にどこにあるか分からない時がよくあります。見つからない場合は、先に探してから申し込みをしましょう。
  • Web申し込みしか利用できない。⇒電話での申し込みをしていないため、Web申し込みが必須となります。
  • クレジットカード払いしか利用できない。⇒支払いは、コンビニ払いも対応していないため、クレジットカードを用意して申し込みをしましょう。
  • 切り替えのタイミングによって、時間がかかることもある。⇒検診を受けた直後に申し込みをしてしまうと、次の検診日までは切替えが行われないため、切り替えまでに時間がかかってしまいます。

大手電力会社から切り替えたときの電気代をシミュレーションしてみた!

電気代が安くなるかどうかは、一度Looopでんきのシミュレーションを利用してみると分かりやすいでしょう。

参考までに、関西電力の従量電灯Aプランで2017年5月分の電気使用量が421kWhの家庭の場合、Looopでんきのおうちプランに変更した時の年間のシミュレーション結果を見てみましょう。

・2017年5月分 電気使用量421kWh 従量電灯Aプランの家庭の場合

関西電力の電気代
年間 181,018円
Looopでんきの電気代
年間153,450円
(25円/kWh)
Looopでんき利用で
年間 27,568円お得に!

あくまでシミュレーションによる仮定の年間電気代ですが、Looopでんきの方が27,568円安くなるという結果になりました。

他の地域でも計算してみましょう。

東京電力

・2017年6月分 電気使用量294kWh 従量電灯Bプランの家庭の場合

東京電力の電気代
年間 121,204円
Looopでんきの電気代
年間110,942円
(26円/kWh)
Looopでんき利用で
年間 10,262円お得に!

四国電力

・2017年5月分 電気使用量244kWh 従量電灯Aプランの家庭の場合

四国電力の電気代
年間 87,960円
 Looopでんきの電気代
年間85,368円
(24円/kWh)
Looopでんき利用で
年間 2,592円お得に!

九州電力

・2017年5月分 電気使用量134kWh 従量電灯Bプランの家庭の場合

九州電力の電気代
年間 46,914円
 Looopでんきの電気代
年間44,942円
(24円/kWh)
Looopでんき利用で
年間 1,972円お得に!

シミュレーションを使わなくても、単純に毎月の電気使用量とLooopでんきの各エリアの従量料金単価を掛け算すれば計算できるので、一度電気料金の比較をしてみてはいかがでしょうか。

◎参考 Looopでんき おうちプラン 従量料金単価(税込み)

北海道電力 東北電力 東京電力 中部電力 北陸電力
29円/kWh 26円/kWh 26円/kWh 26円/kWh 21円/kWh
関西電力 中国電力 四国電力 九州電力
25円/kWh 24円/kWh 24円/kWh  23円/kWh

「Looopでんき+ソーラー割り」の場合、および「Looopでんき+ Looop Home割り」プランの場合は、上記従量料金より1円引きとなります。


デメリットは?オール電化には向かない?

Looopでんきは、メリットばかりかと思いきや、意外なデメリットがあります。

  • オール電化の家庭の場合、損をすることが多い
  • Web申し込みだけで、電話申し込みができない
  • クレジットカード払いしか選択できない
  • 切替え時にアンペア変更ができない

特にデメリットがあるのが、オール電化の家庭の場合です。
東北電力でオール電化を利用中の家庭のケースを計算してみました。

東北電力

・2017年6月分 電気使用量390kWh オール電化対応料金プラン利用中の家庭

東北電力の電気代
8,797円
 Looopでんきの電気代
10,140円
(26円/kWh)
Looopでんきの方が
1,343円高い!

中部電力

・2017年6月分 電気使用量390kWh オール電化利用中の家庭

中部電力の電気代
8,592円
 Looopでんきの電気代
15,444円
(26円/kWh)
Looopでんきの方が
6,852円高い!

せっかく安くなると思っていたら高くなってしまったのでは全く意味がないので、オール電化を利用中の場合は計算をしてみてから利用するようにしましょう。

オール電化の場合、Looopでんきの料金シミュレーションでは切り替えした場合の料金比較ができないため、単純にひと月当たりで見比べてみることにします。

東北電力の時間帯別A(やりくりナイト8)という料金体系は、昼間時間と夜間時間の2つの料金が設定され、夜間に多く電気を使うような生活をしている人向けのプランです(2016年3月31日に新規契約が終了となりました)。各電力会社で設定されているオール電化対応料金プランは、同じような料金設定がされています。

一方、Looopでんきの場合は、一律の料金設定がされているため、今回の例でいえば単純に月の電気使用量に設定料金を掛けることで、料金を比較することが出来ます。
例えば、東北電力では、【月の電気使用量390kWh】×【東北エリアの従量金額26円(税込)/kWh】=【月額料金10,140円】となり、また中部電力では、【月の電気使用量594kWh】×【中部エリアの従量金額26円(税込)/kWh】=【月額料金15,444円】となります。結果として、オール電化に適用されている料金体系は、Looopでんきよりも安くなることが分かります。

オール電化の家庭ではLooopでんきの方が高くなってしまいますが、これはオール電化の場合、深夜の電気料がかなり割安になっているためで、一律料金であるLooopでんきは、切り替えると逆に割高になることが多いようです。

また、その他のデメリットとしては、Looopでんきに切替え時にアンペア変更ができないので、アンペア変更をしたい場合は、切替え前に電力会社で変更してもらいましょう。

Looopでんきを解約したい時の手続きは?

Looopでんきの解約についてみてきましょう。

まだ申し込みをしただけで、電気の供給が始まっていない場合や、あるいはすでに電気の供給を受けていたものの、引っ越すことになったので解約したいという場合は、Looopでんきのコールセンター(0120-707-454)へ電話をしましょう。ただ、電話をしたその日に解約ということではなく、解約日はLooopでんきで手続きが終了した日となるようです。解約したい日があらかじめ決まっているのであれば、引っ越しをする10日前までに電話をするようにしましょう。

従来、引越先でのLooopでんきの利用には、コールセンターへのお問合せが必要となっておりましたが、この度、新たに、入居日からすぐにLooopでんきが利用可能となるウェブ申込みのサービスを開始いたしました。このサービスの開始に伴い、既存のLooopでんきのご契約者が引越しされる場合でも、ウェブサイトで引越し先の住所を入力いただくことで、申告された入居予定日より、Looopでんきの利用を開始できるようになりました。

出典:Looopでんき「Looopでんき 引越し先での利用申込みを開始」

以前、既存でLooopでんきを契約している人が、引っ越し先でも同じようにLooopでんきを利用したいと思っても、残念ながら即時供給を受けることはできませんでした。しかし2017年3月から、インターネットで申し込み手続きを行えば、引っ越し先でもそのままLooopでんきが利用できるようになりました。

なお、他社への乗り換えで解約したいという場合は、乗り換え先の電力会社で手続きを行ってくれるため、利用者側ではなにも手続きは必要ありません。

節約はこんなに効果がある!

光熱費を節約できることは、金額が少なくても大きなメリットがあることをしっかりと覚えておくことが大事です。1,000円の変動費節約は本当に馬鹿にならない金額ですので、それを分かりやすいように説明していきます。

1,000円の節約は馬鹿にできない!

1,000円の節約といっても、安心が一番と考えている人が多いようです。しかし、初めに話をしたように、Looopでんきで停電になった時には、他の電力会社でも同じことになる可能性が高いのです。それであれば、少しでも節約をした方がお得でしょう。
1,000円の節約は1年間で12,000円です。2年で24,000円、3年で36,000円になります。軽自動車のタイヤ交換代ぐらいにはなるでしょう。

2,000円だとここまでの節約になる!

月々2,000円ずつ節約できれば、例えば、月1回のご褒美として、マッサージを受けたり映画を観にいく資金になるでしょう。使わずに溜めていけば、1年で24,000円、2年で48,000円になるので、手ごろなパックツアーなどを利用して海外旅行に行くことも可能でしょう。

5,000円以上は貯蓄をしよう!

5,000円以上節約できるのであれば、目標を立てて貯蓄に回すとよいのではないでしょうか。例えば月5,000円を貯蓄することができれば、1年で60,000円にもなります。
旅行に行くもよし、おいしいものを食べるのもよし、あるいはご褒美にエステに行くことも、欲しかったバッグや服を買うこともできるでしょう。もしくはもっと将来のことを考えて、どんどん貯蓄に回していき、もっと大きな買い物の資金にすることもできるでしょう。

少しでも節約ができるのなら切り替えるのが賢い選択

日常生活の中で電気は欠かせないものです。だからこそ、月々の利用料金が少しでも安くなるのであれば、切り返してみたいと考える人が多いでしょう。その一方で、生活に欠かせないものだからこそ、安くなると分かっていても、万が一のトラブルを考えて、乗り換えをためらってしまう人もいるのではないでしょうか。
Looopでんきの停電リスクは、ほかの電力会社と変わりません。また使ってみて、思ったよりも安くならない、自分のライフスタイルでは変わりがないと分かったら、違約金などの縛りもなく別の電力会社に切り替えることができます。
今の電気料金よりも安くなる可能性があるのであれば、一度切り替えてみて、実際の使い勝手や実際の節約できた金額などを確認してみてはいかがでしょうか。

まとめ

Looopでんきは、基本料が0円で料金設定もかなりお得になっていますが、オール電化の家庭では損をする可能性が高く、また余り電気を利用しない家庭では電気代がそれほど安くならない可能性があります。利用する前には必ずシミュレーションをしてみて、本当に電気代が安くなるのかチェックしてから申し込みをすることをおすすめします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを残す