在宅でできる職種はなに?安定した収入を得るためには注意点がある

インターネットの普及によって、働き方が大きく変わりました。そして、働き方が大きく変わった中で、在宅でできる仕事が注目されるようになってきたのです。

そこで、在宅で仕事をしていない人にとって、在宅でできる仕事にどのようなものか、気になる人もいるでしょう。

在宅でできる職種や、安定して収入を得るための注意点について紹介をします。

在宅勤務のタイプは3つ


在宅をする雇用形態として、3つが考えられます。

・正社員やアルバイト
・フリーランスや業務委託
・個人経営者

それぞれ働き方が異なりますので、働き方について解説していきます。

正社員やアルバイト

正社員やアルバイトでも、最近は在宅勤務ができるようになってきました。

さらに、在宅の仕事は収入が少ないと、ネガティブなイメージを持っている人もいるようですが、職種によっては在宅にいながら月収数十万や数百万も稼ぐことも可能です。

特にIT系の職種は高収入であることが多く、下記のものは代表的な職業です。

・プログラマー
・Webデザイナー
・エンジニア

高収入の職種は専門的な知識や技術が必要となるため、必然と収入も高くなります。

また、在宅でアルバイトをできるものとして、下記に代表的なものを紹介します。

・アンケートモニター
・コールセンター
・テストの添削・採点

例えば「アンケートモニター」の場合は、数分でできるものもあり、誰でも手軽に行うことが可能です。

ただ、専門的な知識が必要な仕事と比べると、収入は高くありません。

誰でもできる仕事は、当然ながら収入が少なくなることを覚えておきましょう。

フリーランスや業務委託

フリーランスや業務委託は会社などの組織に属さず、独立して個人で働くスタイルです。

業務委託とは特定の会社と個別に契約をして、時給ではなく仕事の成果物に対して報酬を受け取る雇用形態を言います。

仕事は自分で探して、自ら働いた分が報酬になるため、働き方次第で高年収が得られます。

自分の頑張り次第で収入が変わってくるので、毎月の収入を上げ続けることが可能です。

フリーランスの仕事としては、専門的な知識や技術を持った「プログラマー」・「エンジニア」や特別な知識がなくてもできる「webライター」などがあります。

「webライター」には特別な資格は必要ないとはいえ、文章を書くスキルや取材をするノウハウ、情報収集の高いスキルが必要になります。
誰でも行えるような仕事では、高収入にはなりません。

仕事を探せる場所として、「クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングのサービスがあり、誰でも仕事を探せる環境が整っています。

専門的な知識がない人は、「アンケートモニター」や写真付きメールを撮るような仕事があります。

個人経営者になる

「ハンドメイドショップ」や「ネイルサロン経営」など自ら営んで収入を得ている人は、開業届を出すことで個人事業主になることができます。

なお、フリーランスも個人経営者のひとつであります。

個人経営者になると、従業員も抱えているケースもあり、リスクが高くなりますが、経営が軌道に乗ると法人化することもでき、会社を大きくしていけば、上場を目指すこともできるでしょう。

在宅でできる12の仕事を一挙紹介


具体的に在宅でできる仕事について紹介していきます。

比較的容易に探すことができる、12の仕事を紹介します。

1. データ入力
2.テープ起こし・文字起こし
3.せどり
4.Webライター
5.ネットショップ販売
6.翻訳
7.プログラマー
8.コーダー
9.グラフィックデザイナー
10.アフィリエイトで報酬をもらう
11.動画編集
12.カスタマーサポート

1.データ入力

企業のアンケート集計結果や、名刺の情報のデータ化などがあります。
特別な知識や技術がなくてもできるため、在宅ワークに慣れていない人にも最適でしょう。

クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングのサイトでも、探すことができる仕事になっています。

2.テープ起こし・文字起こし

録音された会議や講演の内容を聞いて、文字に起こす仕事になります。

テープ起こし・文字越しには、特別な知識や技術が必要としないと勘違いしている人も多いのですが、聞き取りできなかったときの対処方法や、ケバ取りと言ったスキルが必要になります。

また、意外と時間を必要とするため、最低でもブラインドタッチができることが望ましいです。

在宅の仕事の中でも人気があり、特に家事や育児で働く時間が限られている主婦におすすめの仕事です。

テープ起こし・文字起こし独特のスキルが必要ですが、仕事をこなしていく中で身に着けることができ、比較的容易に技術を取得することが可能です。

最初は慣れるまでに時間が掛かるかもしれませんが、コツを摑めばスピードアップを図ることができるでしょう。

3.せどり

簡単に説明をすると、転売を行うことです。

販売した金額と購入した商品の差額が利益になります。

多く商品が売れれば売れるほど利益がでてきます。この仕事では販売する商品を安く仕入れることが必要なため、目利きができるようになる必要があります。

特別な知識や技術が必要ではありませんが、基本的なパソコン操作ができるようにしておきましょう。

また、経験が積んでいくことで大きな収入を得て、独立することも可能になってきます。経験を積んでいきながら、少しずつスキルアップをしていくことが成功の近道です。

4.Webライター

パソコンやタブレットを使って、様々な記事作成を行う仕事です。

スポーツの体験談や、テレビドラマや映画の感想などを書くことで、手軽にできる仕事が多くあります。

パソコンさえあれば場所を選ばず、仕事を行うことが可能で、特別な知識や技術がなくても仕事を始められますが、文章力や語彙力が必要です。

また、最初は単価が低い仕事を行う機会が多くなりますが、安定した仕事量を確保するためには、積極的に仕事を受けてスキルを磨きましょう。

Webライターで最もしてはいけないことが、インターネット上に公開されている文章や書籍に書かれていることを書き写してしまうことです。

コピペ」(コピーアンドペースト)をして文章を書いてしまうと、仕事を請け負うことができなくなってしまいますので、しっかりと内容を理解したうえで自分の言葉に置き換えるスキルが重要になります。

5.ネットショップ販売

インターネットの環境があれば、個人でネットショップを開業できます。

ネットショップは実店舗を持つ必要がなく、スマホやパソコンがあれば開業が可能です。

ネットショップは手軽に立ち上げられますが、同業者との競争は激しいため、売り上げを上げるためには知識や技術が必要となります。

ネットショップを開業することに自信がない人は、「メルカリ」・「ミンネ」などのサイトで販売することもおすすめです。

また、ハンドメイドが得意な人は「ハーバリウム」・「レジン」など、オリジナルの作品を販売する方法もあります。

自分で自信のある作品を出展して、購入してもらえるのか試すことから始めてみましょう。

6.翻訳

翻訳の仕事には外国語など語学力が必要になりますが、在宅の仕事では人気があります。

翻訳には「映像翻訳」・「ビジネス翻訳」など多くの仕事がありますが、翻訳できる人も多いため仕事を請け負うには低単価から行いて、信頼を勝ち取るところから始めなければいけません。

外国語が得意な人におすすめの仕事で、契約先によっては長期で仕事をもらえる可能性があります。

7.プログラマー

システムエンジニアの設計書などをもとに、プログラミングしていく仕事です。

プログラマーになるためには、知識や技術以外にも経験が必要となります。

専門的な知識や技術を身に付けるためには、学校や独学で学ぶことが可能ですが、実際に経験を積み上げていくには時間と労力が必要になります。

すでにプログラマーとしての知識や技術などあり、実際に働いたことがある人はスムーズに在宅で仕事ができる可能性が高いです。

8.コーダー

コーダーはプログラマーとかなり似通った仕事になります。

システムエンジニアやプログラマーが設計した仕様書をもとに、コーディング作業をしてくほか、ホームページにコンテンツを公開するためのコーディングを行います。

Webの仕事をする場合は、最低でもマークアップ言語(HTML5、CSS3など)のコーディングスキルが必要です。

マークアップ言語は経験がない人でも学びやすくなっており、初心者でも挑戦することが可能です。

9.グラフィックデザイナー

ポスターやチラシ、ロゴ制作などのデザインをする仕事です。

経験とスキルが必要で、依頼主の要望に合ったデザインを作ることが大事になります。

自分自身の感性も大事ですが、依頼主の要望をしっかりと汲み取り、形にする経験が求められるでしょう。

10.アフィリエイトで報酬をもらう

副業として始められるため、人気のある仕事です。

自らのブログで広告主の商品を紹介することで、利益を得ることができるのですが、高額な報酬を得るには、SEOやWebサイト運営のスキルが必要になりますので、安易に簡単に収入を得られると考えないでください。

短期的に収入を得ようとせず、中長期的に計画を立てていくと上手くいく可能性があります。

11.動画編集

You Tuberという新たな職業ができたことで、動画制作を外注する動きもあり重要が高まっています。

動画の編集にはある程度のスキルが必要となりますが、自分自身がYou Tuberとして活躍することも可能です。

12.カスタマーサポート

マニュアルに沿って依頼主のお客様からの電話に応対する仕事です。して、問題解決などを行っていきます。

苦情の問い合わせもあるため、電話応対に抵抗がない人にはおすすめの仕事です。

在宅勤務ならではの注意点4つを紹介


在宅勤務を行うための、主な4つの注意点を紹介します。

1.高額な案件はそれなりのスキルが必要
2.収入が安定しない場合がある
3.自己管理が難しい
4.伝達事項のコミュニケーションが取りにくい

今後、在宅の仕事を検討している人は参考にしてください。

1.高額な案件はそれなりのスキルが必要

在宅で仕事を行っていくためには、専門的なスキルや経験がないと高収入を得ることが難しくなっています。

例えば、プログラマーなどの専門スキルや経験があれば、高い報酬を得られる可能性が高くなります。

2.収入が安定しない場合がある

在宅ワークは専門的なスキルや経験がないと、高収入を得られる可能性が低くなります。

専門的なスキルがない場合は、仕事を見つけることが難しく、スキルを磨いていかないと安定した仕事を定着することができません

特に在宅ワークを始めたときは、仕事を見つけることで苦労するでしょう。

仮に仕事を得たとしても「アンケート」や「ドラマ・映画の感想」など、単価が安い仕事が多くなります。

高収入や安定した収入を得るためには専門的なスキルを持つか、ある程度の経験を積む必要がでてきます。

専門的なスキルがない人はスキルを得るために自己研鑽をしっかりと行い、経験を着実に積んでいくことが必要不可欠です。

3.自己管理が難しい

在宅ワークは会社員と違い、時間や場所を制限されることがありません。

自らが好きな時間に仕事ができるため、1日を自由に使えることがメリットとも言えます。

一方で自己管理ができない人には、仕事を行っていくことが難しい側面があります。

仕事には納期も付きまとうため、自分の能力と仕事の量をしっかりと把握できることが大切です。

1日や1ヵ月の計画を立てて、日々仕事を行っていく必要があります。

4.伝達事項のコミュニケーションが取りにくい

在宅ワークは直接話をする機会が少なく、メールやアプリを使って連絡を取ります。

電話で仕事の打ち合わせをすることもありますが、コミュニケーションを取ることもスキルのひとつと考えてください。

伝達事項が上手く伝わらないこともあるため、こまめに連絡を取れるようにすることが大事になります。

まとめ


在宅でできる仕事と、在宅ワークで収入を安定させるための注意点について紹介しました。在宅で安定した収入を得るためには専門的なスキルも必要ですが、経験を積むことで自らに合った仕事を見つけることが最も大事になります。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL