グッズ

旅行をプレゼントする方法3選|両親や彼女への贈り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何かプレゼントをしたいと考えたときに、たまには「旅行」を贈りたいという人もいるのではないでしょうか。
旅行をプレゼントするにはどうすればいいのか、また喜んでもらえるプレゼントの仕方について紹介していきます。
彼女や両親に旅行のプレゼントを考えている人は参考にしてみてください。

旅行をプレゼントする方法とは?おすすめを3つ紹介!

彼女の誕生日に、今度は旅行をプレゼントしたい!
親が金婚式なので、お祝いに旅行をプレゼントしたい

プレゼントと言えば相手が好きなものを購入して、その商品を贈ることを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

しかし少しいつもと違ったプレゼンとして、「旅行」を考える人も少なくありません。

でも旅行をプレゼントする方法にはどんなものがあるの?

そのように考えて迷っているうちに面倒になって旅行のプレゼントを辞めてしまう人もいるのではないでしょうか。

相手に喜んでもらえる「旅行の贈り方」を3つ紹介していきます。

旅行を手配してプレゼントする

旅行を贈りたい場合に一番手間がかかるのが「自分で旅行を手配する」という方法です。

まずは自分が旅行をするときと同じように旅行会社やネットなどで宿泊先や現地までの交通手段などを手配します。
すべての準備が整ったら旅行会社のチケットや電車や飛行機などのチケットなどと一緒に相手に渡します。

この方法のメリットは下記のようなものとなります。

  • 相手に手配をする手間をかけない
  • 相手に金額を知られない
  • 現地まで電車や飛行機を使う場合は、交通費もあわせて贈ることができる

ただし、デメリットもあります。

  • 事前に相手が都合の良い日を聞いておく必要がある
  • 内緒で贈るということがしづらい
  • すべてこちらで決めてしまうので、一緒に宿を決めるなどの楽しみがなくなる

相手に手間をかけさせないというメリットがある一方で、事前に相手の都合を聞いておかないと予約をやり直ししなければならないなどのリスクもあります。

旅行券をプレゼントする

贈る側に一番手間がかからないのが「旅行券」をプレゼントするという方法です。

旅行会社などで旅行券を購入して相手に手渡すことになります。

この方法のメリットは下記のようなものです

  • 旅行券を贈る側が一切手配などする必要がない
  • 旅行券を贈られた側が好きな場所や好きな日にちに計画を立てることができる

しかしデメリットもあります。

  • 旅行券を見ればいくらもらったのか値段がわかってしまう
  • 旅行券は現金をもらったときのように素っ気ない感じがしてしまう
  • 旅行券は宿泊だけなので交通費は別途必要となる

贈る側には負担がかからないですが、旅行券はもらった側にすると自分で手配する手間がかかり、いくらもらったのか具体的な金額が分かってしまうというデメリットがあります。

旅行のカタログギフトをプレゼントする

結婚式の引き出物や香典返しなどに使われる「カタログギフト」ですが、最近その中に商品として温泉での宿泊などが掲載されているものが増えています。

贈る側はカタログギフトを贈り、贈られた側はその中から自分が好きな宿を選択してカタログギフト専用の予約センターに電話をするなどという方法があります。

この方法のメリットは下記のようなものです。

  • 贈る側に手間がかからない
  • 贈られた側も好きな宿を自分で選択して好きな日に簡単に手配できる
  • 贈られた金額が分からない
  • 旅行以外の商品もたくさん載っているので、旅行以外を選択することもできる

またデメリットは下記のようなものがあります。

  • 現地までの交通費は含まれないので、自分で手配をして交通費を払う必要がある
  • カタログギフトにのっている宿しか選択できない

贈る側には手間がかかわらず、贈られた側にも比較的かかる手間が少ない方法です。
しかし、現地までの交通手段は贈られた側がすべて手配する必要があります。



贈りたい人によって変える?旅行のプレゼント方法


旅行のプレゼント方法には先に紹介した3つの方法がありますが、どの方法を選択するのかは贈る人によって変える必要があるでしょう。

贈りたい人別に旅行のプレゼントの仕方について確認していきましょう。

旅行を彼女や彼氏にプレゼントする場合

彼女や彼氏に旅行をプレゼントしたい場合、自分も一緒に行くという人がほとんどではないでしょうか。

もし彼女(彼氏)の誕生日などに旅行をプレゼントしたい場合、旅行券では素っ気ないものと感じてしまう人が多いでしょう。
せっかく旅行を贈るのにがっかりされたのでは意味がありません。

彼女(彼氏)に旅行を贈る場合は、自分ですべて手配をするという方法が一番スマートでしょう。
贈る相手にはまったく手間をかけない上に、金額もばれません

しかし、事前に相手の都合を確認する必要があるため、サプライズ的に内緒で贈るのが難しいかもしれません。
また、二人で場所や宿を決める楽しみがありません。

そのため、宿を決めたりスケジュールを考えたりするのが面倒なタイプの彼女や彼氏に向いている方法と言えます。

両親に旅行をプレゼントする場合

両親にプレゼントを贈る場面はいろいろありますが、旅行を贈るなら特別な機会にすることがおすすめです。
両親に旅行をプレゼントするのにおすすめな場面別に、旅行のプレゼント方法を見ていきましょう。

両親への結婚記念日に贈る

両親も結婚してから年数を重ねると、「銀婚式」や「金婚式」がやってきます。
ただの結婚記念日ではなく、そのような特別な時にこそ両親への旅行のプレゼントがふさわしいのではないでしょうか。

まだ年齢が若い両親であれば旅行ギフト券でも喜ばれるでしょう。

しかし高齢の両親であれば自分で手配をするのが面倒になることも考えられるため、できればギフト券ではなく自分で手配をするか、旅行のカタログギフトが向いているかもしれません。

自分で手配をする場合は、両親の行きたいところや日程など詳細をよく確認しておく必要があります。

カタログギフトの場合は、先にカタログを贈っておいて両親で好きなところを決めてもらい、交通手段などはこちらで手配をしてあげると喜ばれるでしょう。

両親への還暦祝いに贈る

両親が還暦を迎えることも「特別」な瞬間かもしれません。

両親への還暦祝いに「旅行」のプレゼントをすると喜ばれるのではないでしょうか。
還暦と言えば今の時代ではまだまだ若い年齢と言えます。
そのため、こちらで手配する方法でもギフト券でも、カタログギフトでもどの方法でも喜ばれるでしょう。

ただし、こちらの気持ちがより伝わるのは、自分ですべて手配してあげる方法かもしれません。

また、カタログギフトでも両親が自分で好きなところを決められるので、宿を決めてもらってからこちらで交通手段など手配してあげれば親の手間は少なくすむでしょう。

2人分予約できるカタログギフトも多いため、両親そろって旅行へ行くことも、仲の良い友達と旅行に行くこともできます。

EXETIME(エグゼタイム)は超!豪華なカタログギフト?その内容は?

旅行のプレゼントに贈るカタログギフトってどんなもの?

先にも紹介していますが、宿泊施設が商品として掲載されているカタログギフトとはどういうものか知らない人が多いかもしれません。

有名温泉旅館が掲載されている旅行カタログギフトとして人気があるのが「EXETIME(エグゼタイム)です。

EXETIME(エグゼタイム)は、温泉宿などのほかにも乗馬やエステ、ゴルフなど体験型のギフトもたくさん掲載されています。
また、高級食材や船上クルーズや高級レストランなども選択できるので、旅行以外にも人気があるカタログギフトです。

具体的にどのような商品が紹介されているのか確認していきましょう。


あこがれの高級旅行にも泊まれる?多数の高級旅館が掲載!

EXETIME(エグゼタイム)には、カタログの価格が高くなるほど高級な旅館が選択できるようになります。
特に人気があるのが下記の3つの旅館です。

箱根強羅温泉季の湯 雪月花 (掲載カタログ EXETIME Part.5)
2名1泊2食付宿泊プラン

強羅駅から徒歩一分の好立地にある全客室露天風呂付の温泉旅館です。
全客室、檜の露天風呂となっていて、食事は料理長自慢の四季折々の会席料理です。地酒やオリジナルのドリンクも楽しむことができます。

箱根湯本 天成園 (掲載カタログ EXETIME Part.4)
2名1泊2食付宿泊プラン

与謝野晶子らが愛した瀧の音、箱根の緑、湯けむりを満喫できる温泉旅館です。
2009年にリニューアルオープンし、庭園にはパワースポットとしても有名な「玉簾の瀧」や「玉簾神社」があり、解放感あふれる屋上天空大露天風呂が自慢の温泉旅館です。

三重県鳥羽 戸田屋  (掲載カタログ EXETIME Part.5)
2名1泊2食付宿泊プラン

鳥羽駅から徒歩3分の海沿いに建つ好立地な旅館です。
温泉村(湯亭・貸切風呂)、大浴場など、13湯のお風呂と2湯の足湯を用意されています。露天風呂、ゆったりとくつろげる大浴場、家族で楽しめる貸切風呂など様々な温泉を楽しむことができます。

上記のほかにも全部で全国245施設が掲載されています。
JTBお客様アンケートからセレクトした「一度は利用したい名湯・名宿」から厳選されているので、色々な温泉から選択することができます。

予約も簡単!高齢の両親でも安心!

カタログギフトを贈っただけで、両親がうまく予約できるのかと不安になる人もいるかもしれません。
しかし、EXETIME(エグゼタイム)は宿泊先の予約も簡単です。

EXETIME(エグゼタイム)が届いたら、まずはカタログから宿泊先を選択してハガキなどで申し込みをします。

その後、2週間程度で手元に専用クーポンが届くので、そのクーポン中央にある旅行予約窓口に電話で連絡をします。
その時にカタログにある希望施設の”プラン番号”をオペレーターに申し出るようにしましょう。
宿泊日なども伝えて手続きが終わったら、後日予約確認書が届きます

温泉宿などを利用する場合には、予約確認書を必ず持参するようにしましょう。

カタログの種類は7種類!予算に応じて選択できる

EXETIME(エグゼタイム)のカタログは予算にあわせて7種類から選択できます。
ラインナップは下記のとおりです。

カタログギフトの種類 価格(消費税・システム料込)
EXETIME  Part1 6,048円
EXETIME  Part2 11,448円
EXETIME  Part3 22,248円
EXETIME  Part4 33,048円
EXETIME  Part5 54,648円
箱根の贈りもの+EXETIME Part 5 55,080円
EXETIME Platimum(プラチナム) 114,480円

カタログギフトの種類によって、選択できる宿泊宿がかわります。

どのような商品が掲載されているのかは公式ホームページで確認することができるので、注文する前に確認しておくことをおすすめします。


まとめ

旅行をプレゼントする方法は3つありますが、相手に合わせて上手に選択する必要があります。
贈る方も贈られる方にも手間がかからない方法として「カタログギフト」があります。
値段を知られることなく好きな宿を選択してもらうことができますが、交通費がでないため交通手段はこちらで用意するなど考えておくようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを残す