生活・節約

フライパンの洗い方あってる?正しい洗い方を知って長持ちさせよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「フライパンに洗い方とかあるの?」

「汚れが落ちたらいいんじゃないの?」

そんな声が聞こえてきそうですね。

でも実はフライパンは素材によっても洗い方が全然違うんです。

中には、洗剤を使ってはいけない素材のフライパンも?!

フライパンの正しい洗い方を知って、少しでもフライパンを長持ちさせましょう!

洗う前にまずはフライパンの素材を確認しよう


フライパンを洗う前に、確認したいのはご家庭で使っているのが「どんな素材」のフライパンなのかです。

まずは、どんな素材のフライパンを使っているのか確認しておきましょう!

鉄製のフライパンは「中華鍋」などをイメージすると良いです。

丈夫で熱の通りが早いので、炒め物の調理に向いています

使い始めは材料がくっ付いてしまったりしますが長く使うことで、フライパンの表面に油がしっかり馴染んでくっ付きにくくなります。

アルミニウム

一般家庭で使うフライパンで多い素材です。

表面にはフッ素加工、いわゆるテフロン加工がされています。

家庭で使うのには馴染みがないですが、料理人だとかつ丼などの丼物を作る時に見かけたことがある人もいるでしょう。

短時間で熱が伝わるので、料理の効率が上がりサビにくいというメリットもあります。

ステンレス

ステンレス素材のフライパンは、じっくりと加熱するような調理向けです。

熱の伝わりが遅いのでパンケーキなどには向いていますが焦げやすいというデメリットもあります。

チタン

チタン製のフライパンはあまり見かけませんよね。

鉄製のフライパンと比べると、重さは半分ほどで作りも丈夫なので長く使いたいという人にはおススメです。

しかし熱が伝わりにくいので焦げやすくなってしまうというデメリットがあります。

フライパンは洗剤で洗う?使わない?どっちが正解?


フライパンの洗う時、皆さんは毎回洗剤を使っていますか?

年配の方で「フライパンは洗剤なんて使うもんじゃない!」という人もいますが

それって衛生的にどうなの?と感じてしまいますよね。

でも、おばあちゃんの知恵袋ではありませんが年配の人が言うのなら本当なのかも…と悩んでしまいます。

実際は洗剤を使うのか、使わないのかどっちが正解なのでしょうか?

鉄製フライパン

鉄製のフライパンを洗う時には「洗剤は使わない!」のがポイントです。

洗剤を使うと表面の油の膜が取れてしまって焦げ付きやすくなってしまいます。

洗う時には、熱いうちにスポンジなどを使い水で汚れをささっと落としましょう。

もし、フライパンが冷めたときには40~50℃のお湯で洗うのがおススメです。

ステンレス製のフライパンも同じ洗い方になります。

テフロン加工(フッ素樹脂加工)のフライパン

フライパンが冷えてしまうと、油汚れも固まり洗う時にゴシゴシと擦らなければいけません。

そうすると、テフロン加工が剥がれてしまうので要注意です。

洗う時は汚れが固まる前に、キッチンペーパーで汚れを拭き取ってから少量の洗剤を使って洗います

気を付けていただきたいのは、洗う時は出来るだけ柔らかい素材のもので洗う事です。

スポンジなら柔らかい面を使いましょう。

アルミ製、セラミック加工の場合も同じように洗ってください。

フライパンを長持ちさせる方法!


フライパンの買い替えの期間はどのくらいでしょうか?

私はテフロン加工の効果が無くなってきたら「そろそろ買い替えかな~」と思うのですが

その期間がだいたい1年くらい毎日のように使っていると最終的には調理をするときに、大量の油を敷かないといけない状態になりつつあります。

でもこの1年って、皆さんどう思いますか?

出来るだけ新品のような状態、くっつかない、焦げ付かない状態を保つにはどのような手入れをしたらいいのでしょうか

長持ちさせるコツは5つ!

フライパンを長持ちさせるコツを知っておくことで、フライパンを少しでも長持ちさせることができますよ!

フライパンが長持ちする5つのコツは下記のようなものです。

1. 中火以下の火加減

2. 傷をつけない

3. 急に冷やさない

4. 洗う時は中性洗剤

5. 食洗機NG

テフロン加工やフッ素樹脂加工のフライパンを普段使っているひとはこの5つのポイントさえ気を付ければコーティングはかなり長持ちします。

なぜこの5つが長持ちのコツか?というと加工が剥がれてしまう原因にあります。

テフロン加工がなくなる原因!

多くのフライパンに施されているのが、テフロン加工や

フッ素樹脂加工なのですが意外とすぐに剥がれてしまいます。

剥がれる原因はいろいろですが

多くは「熱」と「ピンホール」が原因です。

「熱」について

通常は、調理に適切な温度が最高180℃と言われていて

それ以上になると熱しすぎになってしまいます。

テフロン加工をしてあるフライパンは、熱伝導が悪いので

料理をするときに早くフライパンを温めようと強火にしてしまうことが多く

それが「熱しすぎ」の状態になっているのです。

それを繰り返すことで、加工がどんどん劣化して洗った時に剥がれてしまいます。

ピンホール

もう1つの原因は「ピンホール」です。

ピンホールとは、目に見えないような小さな穴のことで熱伝導が悪い分、コーティングを薄くしているのでピンホールが出来やすくなります。

そしてピンホールが出来ると、塩分の影響でピンホールがどんどん広がって、その結果コーティングが剥がれてしまうのです。

まとめ

本来、フライパンは消耗品ではありません。

出来るだけ長持ちさせて、買い替えの頻度を低くしたいですね。

フライパンを長持ちさせるためには洗い方だけでなく、普段の使い方も気を付けなければいけません。

自分が使っているフライパンの特徴を知って使い分ける事も必要ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加