生活・節約

温泉をプレゼントする方法3選!おすすめのギフト券・カタログギフト紹介します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

両親や目上の方へのプレゼントを考えるとき、意外だけれどクラシカルで安定感のあるプレゼントを選びたいものです。

そんな時、温泉旅行のプレゼントはいかがですか?

でも、温泉旅行をどうやってプレゼントするの?

そうですよね!温泉旅行を贈る具体的な方法が分からないという人も多いはず。

そこで今回は、温泉をプレゼントする方法を3つ紹介しますので、参考にしてみてください♪

温泉をプレゼントしたい!おすすめの方法 3 選


温泉旅行のプレゼントにはどのような方法があるのでしょうか?

プレゼントする相手にもあなたにも負担を最小限にして温泉旅行を楽しんでもらうための方法があれば、ぜひ検討したいものです。

温泉をプレゼントする3つの方法とおすすめしたいタイプをご紹介します。

【おすすめ!】温泉旅館が掲載されているカタログギフトを贈る

おすすめなのは温泉旅館への宿泊が選択できるカタログギフトのプレゼントです。

カタログに掲載されている数々の温泉旅館の中から行きたいところを選んで申し込めます。

手軽ながらぜいたくなひとときのプレゼントは、喜んでもらえるに違いありません。

また、カタログギフトの中から温泉旅館を選ぶという目新しさも魅力です。

また、贈る方も手間がかかりませんので、手軽に喜んでもらえる方法と言えますね♪

旅行が贈れるカタログギフトのおすすめは「EXETIME」



旅行ギフト券を贈る

旅先を自由に選んでもらえるよう、旅行ギフト券をプレゼントするのもひとつの方法です。

この場合は、贈られた側で旅先の決定を始めとしてスケジューリングや宿の予約、交通手段の確保などを行う必要があります。

旅が好きで、すべてを自分で用意することが好きな方へのプレゼントと考えるとベストな選択かも知れません。

ツアー代金や列車、飛行機のチケット代として旅行ギフト券を遣うことも可能です。行動的な方向けに検討するとよいでしょう。

旅行会社で予約して贈る

旅行会社で宿や交通手段、アクティビティを予約して温泉をプレゼントする方法もあります。

それぞれの旅行会社で用意されている温泉宿へのパックツアーを予約してプレゼントすることもできます。

また、あなたが旅をアレンジすることが好きなら、温泉宿や交通機関、アクティビティなどをそれぞれチョイスしてプレゼントしてもいいでしょう。

こだわりがある方へのプレゼントなら、贈られる側の反応を想像しながらアレンジするのも楽しいですね。

温泉のプレゼントにはカタログギフトがおすすめな理由


温泉旅行をプレゼントするのに、なぜカタログギフトがおすすめなのでしょうか?

温泉をカタログギフトで楽しめるという目新しさもさることながら、贈られた側にとってもあなたにとってもうれしいメリットをご紹介します。

旅行ギフト券は贈られた人の手間がかかる

旅行ギフト券をプレゼントする場合、贈られた側に手間がかかることを考えなければなりません。

贈られた側が旅行に関する手配をすべて行う必要があるからです。

また旅慣れていない方には敬遠される可能性があることを心得ておく必要があるでしょう。

また、旅行ギフト券には額面が明記されています。

目上の方に贈る場合は特に、明らかに金額が判るものをプレゼントされることにそっけなさを感じる方もいるかも知れません。

旅行会社で予約すると贈る人の手間がかかる

旅行会社で予約しての旅行をプレゼントする場合は、贈る側であるあなたがすべての予約をして準備する必要があります。

そのために贈られる側と、事前に行きたい場所や日程調整をはじめとして、旅行に関する様々な事柄を入念に打ち合わせしなければなりません。

そのため、サプライズギフトにしにくい一面があります。

また、贈る側であるあなたに物理的、時間的負担がのしかかるのは正直困るという方もいるのではないでしょうか?

カタログギフトは贈る人も贈られた人も手間がかからない

カタログギフトでの温泉旅行のプレゼントは、贈られた側が好きな日に好きな温泉宿へ予約を入れることができます。

金額が相手に知られにくく、お互いに気まずさを感じる可能性が少ないのもポイントです。

贈る側はカタログギフトを贈るだけで、ラクに温泉旅行をプレゼントすることができます。

ただし現地までの交通手段はおさえておく必要があるため、親に贈る場合は特に、その点を贈る側で手配を行うと親切で喜ばれるでしょう。



「EXETIME (エグゼタイム)」なら様々なシーンの贈り物に対応




温泉旅行をカタログギフトで贈るなら、おすすめなのは「EXETIME(エグゼタイム)」です。

様々なシーンでのプレゼントを提案する「EXETIME (エグゼタイム)」にはどのようなサービスが用意されているのか、また贈られた側の申し込み方法についても紹介しておきます。

カタログの種類は 6 種類

カタログギフト「EXETIME(エグゼタイム)」には6種類のカタログが用意されています。

下表をご覧ください。なお、EXETIME(エグゼタイム)プラチナムは、サービスを利用する際に☆を利用するカタログギフトです。

利用したいサービスに応じて☆を追加購入しなければならない場合があります。

カタログの種類 価格
EXETIME(エグゼタイム) part5 55,600円
EXETIME(エグゼタイム) part4 33,600円
EXETIME(エグゼタイム) part3 22,600円
EXETIME(エグゼタイム) part2 11,600円
EXETIME(エグゼタイム) part1 6,160円
EXETIME(エグゼタイム)プラチナム☆10個コース 116,000円
EXETIME(エグゼタイム)プラチナム☆20個コース 233,200円
EXETIME(エグゼタイム)プラチナム☆30個コース 349,800円

カタログの表紙を相手先に合わせて選べる

EXETIME(エグゼタイム)」では、カタログの種類ごとに表紙やのし、包装紙を選ぶことができます。

贈られる側にすんなり受け取ってもらえるこのような工夫があると、贈る相手のために選んだプレゼントだと感じとってもらいやすいでしょう。

旅情をくすぐるデザインを選べば贈る相手にあなたの意図も伝わりやすくなりますし、「あなたのために選んだ」という気持ちや、お祝いやお礼の気持ちも伝えやすいと好評です。



EXETIMEを贈られた人の申し込み方法

まず始めに、カタログの旅行ページにある『湯宿旅行共通クーポン』『ホテル旅行共通クーポン』の2種類を申し込むために、同封のハガキに必要事項を記入しポストに投函します。

2週間程で2種類のクーポンが手元に届きますので、クーポン中央に記載されている「旅行予約窓口」へ電話をします。

その際には手元に、カタログに書かれている希望施設の『プラン番号』をオペレーターに伝えましょう。

これで宿の予約は完了です。



温泉をプレゼントすると喜ばれるおすすめのシーンは?


温泉旅行をプレゼントすると喜ばれるのは、どのようなシーンなのかを紹介しておきましょう。

まず一番喜ばれて心に残るのは、両親へのプレゼントにする場合です。

両親の結婚記念日や誕生日を始めとして、銀婚式や金婚式還暦や古希などの節目のお祝い、母の日や敬老の日などがあります。

また、お世話になった目上の方に渡す御礼の品としてもサプライズ感も手伝って魅力的なプレゼントになります。

温泉をカタログギフトで贈られる斬新な体験は、贈られる側の好奇心もくすぐることでしょう。

「EXETIME (エグゼタイム)」は、温泉旅行をスマートにプレゼントしたい人にとっておきの選択肢です。

温泉をカタログギフトでプレゼントする場合の注意点


温泉旅行をカタログギフトで贈る際に気をつけることは何でしょうか?

新しいタイプのプレゼントなだけに、利用時に思わぬ点で立ち往生することもあるかも知れません。

せっかくのプレゼント、贈る相手に有効活用して欲しいですよね。

「EXETIME (エグゼタイム)」で温泉旅行をプレゼントする際に注意すべき点をご紹介します。

休前日には別途プラスで費用がかかることもある

「EXETIME (エグゼタイム)」内に掲載された温泉宿に休前日や土日にかけての宿泊する場合、別途料金がかかることがあります。

予約やあらゆる問い合わせを「EXETIME (エグゼタイム)」のコールセンターで担当していますので、事前に料金を確認しましょう。

コールセンターの存在を贈る相手に伝えておくといいですね。

現地までの交通費が別途かかる

「EXETIME (エグゼタイム)」でカバーしている旅費は、現地の宿泊費です。現地までの交通手段やオプション、アクティビティは実費で手配する必要があります。

両親へのプレゼントで渡す場合は、このことを知らせつつ交通手段の手配は贈る側であるあなたが行ってもいいかも知れません。

宿や周辺施設でのオプションやアクティビティの予約や問い合わせはコールセンターで受け付けていることを伝えておくといいでしょう。

カタログギフトには有効期限がある

一般的なカタログギフト同様、「EXETIME (エグゼタイム)」で温泉を含む体験型アクティビティを申し込むには有効期限があります。

カタログを出荷した日から180日間が有効期間です。

有効期限を過ぎると交換に応じてもらうことができなくなりますので注意しましょう。

せっかくの温泉旅行のプレゼントです。

おおよそ6ヶ月以内に、余裕をもって申込と予約をするように贈る相手に伝えておくといいかも知れません。


まとめ

温泉旅行をプレゼントする方法を3つご紹介しました。

贈る側のあなたにとっても贈られる側にとっても、手間になりにくいのはカタログギフトによるプレゼントだということがわかりました。

カタログギフト「EXETIME (エグゼタイム)」では両親に喜んでもらえてクオリティの高い温泉宿が揃っています。

ぜひ検討してくださいね。