記念日

母の日にバラを贈る意味とは?色や本数ごとの花言葉を紹介します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

母の日に贈る花はカーネーションという方が多いと思いますが、たまには他の花を贈りたいと思いませんか?

母の日に開花時期を迎える花はたくさんありますが、その中でもひときわ華やかなバラの花はいかがでしょうか。

実際に、母の日にバラの花を贈っているという方は多く、豪華な花のプレゼントに、もらったお母さんも思わずうっとりしてしまうことでしょう。

でも、母の日にバラを贈るには、「花言葉」を知っておくことが大事ですよね。

実はバラは、色ごとに花言葉が決められていて、さらに本数によっても花言葉が違ってくるのです。

では、バラの花にはどのような意味があるのか、しっかりチェックしていきましょう。

バラは色によって花言葉が決まっている

母の日にバラの花を贈るのであれば、花にどのようなメッセージが込められているのか、花言葉を知っておく必要がありますよね。

バラは、花の色ごとに花言葉が決められていますので、お母さんに贈りたいメッセージにふさわしいものを選ぶようにしましょう。

赤いバラ

赤いバラの花言葉は「愛情」「情熱」「あなたを愛しています」「」です。

赤いバラは熱い思いの代名詞とも言えるので、愛情や情熱といったアツイ花言葉になっています。

赤一色のバラはすごくゴージャスで喜ぶ方もいますが、中には「ちょっと派手すぎる・・」と感じてしまう方もいるかもしれません。

そういう場合には、後に紹介するピンクなどの優しい色味のバラと組み合わせるのもおすすめです。

ピンクのバラ

ピンクのバラの花言葉は「気品」「おしとやか」「暖かな心」「感謝」です。

ふんわりとやさしいイメージのピンクは、優しいお母さんにぴったりの色ですよね。

「感謝」という意味もあるので、母の日に日頃の感謝を伝えたい方におすすめの色です。

オレンジのバラ

オレンジのバラの花言葉は「健やか」「信頼」「無邪気」「」です。

ビタミンカラーのオレンジは、贈る方も贈られる方も元気にしてくれる明るい色です。

また、信頼や絆といった花言葉から、「お母さんを信頼している気持ち」や「強い絆で結ばれているからね」といったメッセージを伝えることができます。

青いバラ

青いバラの花言葉は「夢が叶う」「奇跡」「不可能」です。

バラには本来青い色素がないため、以前は「青いバラは不可能」と思われてきましたが、2004年にサントリーが世界で初めて青いバラを開発しました。

そのような経緯から夢が叶うや奇跡などの花言葉が生まれたようです。

赤やピンクのバラも素敵ですが、ちょっと個性的な花を贈りたい方は青いバラを選んでみてはいかがでしょうか。

白いバラ

白いバラの花言葉は「清純」「心からの尊敬」「素朴」「約束を守る」です。

真っ白いバラの花束は、清純なイメージなので、お母さんへの素直な気持ちを伝えたいときにおすすめです。

また、心からの尊敬という花言葉もあるため、「お母さんみたいなお母さんになりたい」と思っている方は、さりげなくそのメッセージを伝えることができます。

ただ、年配の方は白いバラから仏事を連想することがあるので、贈る前によく考えてた方がよさそうです。

黄色のバラ

黄色いバラの花言葉は「嫉妬」「愛情の薄らぎ」「友情」「恋に飽きる」です。

黄色いバラもすてきですが、嫉妬や愛情の薄らぎといった花言葉があるので、母の日の贈り物には不向きです。

もちろん「私は黄色いバラがすきなの」と言っているお母さんに贈るのは問題ないですが、それ以外の場合は控えた方がいいでしょう。

ここまで、色ごとの花言葉を紹介してきましたが、実はバラの花はその本数によっても花言葉が違ってくるのです。

どのような花言葉になっているのか、次の章で詳しく説明しますね。



本数によっても花言葉が違う

バラの花言葉は、花びらの色だけではなく、贈る本数によっても違ってきます。

本数ごとに花言葉をまとめてみましたので、お母さんに伝えたいメッセージがあるかどうかチェックしてみてくださいね。

本数 花言葉
1本 あなただけ、一目ぼれ
2本 世界はふたりだけ
3本 告白、愛しています
4本 死ぬまで変わらない気持ち
5本 心から嬉しく思う、出会えたことの心からの喜び
6本 お互いに思いやる、あなたに夢中
7本 密やかな愛
8本 心遣いへの感謝
9本 いつまでも思っています、いつも一緒にいてほしい
10本 非の打ち所がない、すべてが完璧
11本 最愛
12本 日増しに強まる愛、私と付き合ってください
13本 永遠の友情
14本 誇りに思う
15本 すまなく思う
16本 落ち着かない愛
17本 絶望的な愛
18本 誠意ある告白
19本 期待と忍耐
20本 まごころ
30本 ご縁を信じます
40本 死ぬまで変わらぬ愛
50本 偶然のめぐり合い
99本 永遠の愛、ずっと好きだった
100本 100%の愛
101本 これ以上ないほど愛しています
999本 何度生まれ変わってもあなたを愛する



注意!組み合わせによっても花言葉が変わる!

バラは色ごとに花言葉が決められていますので、伝えたいメッセージがたくさんある場合は、「あの色もこの色も混ぜて贈ろう」と思うかもしれません。

しかし、バラは組み合わせによっても花言葉が変わってしまうので、組み合わせる前に確認しておきましょう。

組み合わせ 花言葉
赤いバラの中に白いバラ 温かい心、打ち解けていて仲がいい
黄色のバラの中に赤いバラ あなたがどんなに不実でも
バラのつぼみ3本と開花したバラ1本 あのことは永遠に秘密
バラのつぼみ1本と開花したバラ2本 あのことは当分の間秘密

バラ以外で母の日におすすめの花

母の日に贈るおすすめの花は、バラのほかにもたくさんあります。

花言葉と共に紹介していきますので、どんな花があるのかチェックしていきましょう。

ガーベラ

ガーベラの花言葉は「希望」「常に前進」です。

また、色によっても花言葉が決まっていて、赤は「神秘」「燃える神秘の愛」、黄色は「究極美」「究極愛」、ピンクは「感謝」「崇高美」、オレンジは「神秘」「冒険心」などとなっています。

色鮮やかなガーベラは花束にするととても華やかに仕上がります。

ひまわり

ひまわりの花言葉は「憧れ」「あなただけを見つめてる」です。

太陽をまっすぐに見上げてぐんぐん伸びる姿勢から連想される前向きな言葉です。

夏に向けて力いっぱい咲くひまわりからは、元気がもらえますよね。

赤いアネモネ

赤いアネモネの花言葉は「あなたを愛します」です。

アネモネもバラと同じように、花の色によって花言葉が決まっていますので、贈るときは花言葉に注意しましょう。

スターチス

スターチスの花言葉は「永遠に変わらない心」です。

色ごとにも花言葉があり、ピンクが「永久不変」、黄色が「愛の喜び」「誠実」、紫が「しとやか」「上品」です。

子供からお母さんに贈るのもいいですが、旦那さんから奥さんに贈るのもいいですね。

花言葉を書いたメッセージを添える

お母さんに伝えたい花言葉の花を選んでも、それが伝わらなければ意味がないですよね。

「そのバラの色の花言葉はね、・・・・」と説明できればいいですが、それはちょっとダイレクトすぎて恥ずかしいと思う方もいるでしょう。

そこでおすすめなのが、「花言葉を書いたメッセージカードをさりげなく添える」という方法です。

それをお母さんが見て「こんな風に思っていてくれてたんだ。」と分かってくれれば、言葉を交わさずとも気持ちは十分に通じ合うのではないでしょうか。

メッセージカードに、花言葉と一緒に感謝の気持ちも付け加えると、より一層気持ちのこもった贈り物になりますね。




まとめ

母の日の贈り物に、バラの花を選ぶのもすてきです。

ただ、色によって花言葉が決まっているので、ネガティブなイメージのある黄色や場合によって白色などは避けた方がいいでしょう。

また、贈る本数によっても花言葉が決まっているので気を付けたいですね。

お母さんに贈る花を決めたら、花言葉がさりげなく伝わるように、メッセージカードに書き添えておくことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す